櫃ガ山(岡山県)
Since 2001/11/19


 湯原温泉(岡山県)の南方にある標高954mの山で、地元では湯原富士と呼ばれているそうです。高速道路を使うと、拙宅(相生市)から登山口まで、約1時間半です。私が登ったのは2001年11月10日(土)で、妻と2人連れでした。

 山と渓谷社の「アルペンガイド」シリーズNo.26、「中国の山」(以下「ガイドブック」と呼ぶ)に紹介されているコースを登りました。すなわち、久納→ 天狗ノ森→ 櫃ガ山→ 大庭皿→ 竜頭の滝→ 久納 と一周しました。所要時間はガイドブックでは2時間15分となっていますが、私たちは約4時間かかりました。当日朝が雨で、頂上手前の急斜面がぬかるんでいて難儀しましたが、それが無くても、登山口と頂上の標高差が約660mあるので、私たちにはとても往復2時間15分で歩けるコースではありませんでした。

 (写真はクリックすると大きくなります。)

櫃ガ山の頂上(次の写真の右上隅に写っている橋の上から撮影)

頂上から見おろした旭川

右上隅の橋付近の河川敷に駐車できる。

下山道から見た星山方向の眺望

右手前の山の灰緑色に見える部分は笹原

下山道で見かけたカラマツの黄葉

 

 「天狗ノ森」の原生林は期待したほどではありませんでした。回り道せずに「東ノ肩」から「笹原の鞍部」へ直登すればよかったと、後で思いました。ガイドブックの地図には載っていませんが、「東ノ肩」から854mのピークの南側を巻いて「笹原の鞍部」へ最短距離で登る道が出来ているようです(推測)。

 星山(ほしがせん)への縦走路は、ガイドブックには「荒廃」と書いてありますが、下山道との分岐点から見た範囲では、ちゃんと整備されているようでした(推測)。

 頂上から竜頭の滝へ下る下山道では、カラマツの黄葉が目を引きました。また登山道のすぐ脇に赤い実をいっぱいにつけた大きな木が1本ありました。果実や少し残っている葉、樹皮などの様子から「ウメモドキ」と見立てたのですが、樹高が4〜5mと、私のウメモドキのイメージを越える大きさでした。あれはほんとうにウメモドキだったのだろうか?と今も首をひねっています。

 上の写真は数年ぶりに銀塩フィルム(一眼レフ)で撮ったものです。ちょっとした事情でデジカメが使えなかったのです。画像中央に白い水平線が見える写真がありますが、これはフィルム傷です。DPEをスーパーの軒先で営業しているスピード仕上げのお店に頼んだ報いかもしれません。発色もまったく不満です


「他府県」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

 


  プロフィール  PR:無料HP  安い 合宿免許  アルバイト 添い寝  スポルトマッキ  中古ホイール 福島  タイヤ 13インチ  ゲーム 専門学校  バイクパーツ 激安  牽引免許 格安  ブレスレット  保育 大学  音楽 専門学校 福岡  タイヤ持込みOK  名簿販売