とんび岩の掲示板
画面の下方に、これまでの書き込みがあります。
無料C言語BBS | HOME | 記事削除 | 管理用 | 女性に優しい♪出会い | 掲示板を気に入ったらクリック!
【コピーライター・WEBデザイナー他急募!】ナスカ広告パートナーで広告収入を!

お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
( タグの使用不可 )
文字色 他の色 #色参照
関連URL
削除用パスワード (半角英数字で4-6文字以内)
印は、必須項目です。
[見た目はごく普通のシャープペンシル。実はこのペンには驚くべき秘密が! ] [登録無料・メールアドレス非公開、女性に優しい出会いサイト]
[年賀状に名刺にHPに・・・用途多彩な似顔絵ファイルが¥3000で! ] [究極のお見合い 「ドクターズネット」 ]
[安心価格のウエディングドレスのレンタルショップ専門店です! ] [■今すぐ!!★韓国食材店で美味しい物をGetしよう!★ ]

[ 41 - 60 件を表示 ]
< 前のページ 次のページ >
[544] アカシヤの雨がやむ時  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/15(日) 09:59:54 [HOME] [返信]
I P:219.106.95.179
 今日、6月15日は樺美智子さんの命日ですね。
あれから43年、世の中、良くなったのか悪くなったのか分かりませんが、当時の「エネルギー」が懐かしい。

 西田佐知子の「アカシヤの雨がやむ時」を歌いながら、今日も田んぼへ出勤です。

 関連ページ(ニセアカシア)です。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors/6286/niseakashia.html


[543] 6月の花便り  投稿者:夢追人  投稿日:2003/06/13(金) 10:30:23 [返信]
I P:219.162.232.65
 べにばな

 ふるさと田園景観創出事業
 この事業は、べにばなを休耕田に栽培し、誰もが再び訪れたくなるうるおいとやすらぎのある田園景観づくりを進め,併せて農村の豊かな交流空間の創出に資することを目的にしています。

             事業実施主体 揖保川町浦部自治会

 6月22日(日)べにばな祭り


 ささゆり

播磨科学公園都市内の栗の木谷公園では、ささゆりが見頃です。





Re: 6月の花便り 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/13(金) 23:12:02 [HOME]
I P:219.106.94.209
 「べにばな」は30年ほど前に山形県で見たことがあります。同県では主にべにばな油(食用油)の原料にしていると言っていました。揖保川町では「べにばな」をどう使うのでしょう。まさか花を見るだけではないですよね。
先日の神戸新聞に、揖保川町浦部の人が大豆栽培日本一になったという記事がありました。浦部は農業研究の盛んな地域のようですね。

 ササユリの栽培(実生)は相当難しいと、どこかで読んだのですが、公園に植えられているということは、ちゃんと栽培している人があるんですね。自然界では、一カ所にまとまって咲かずに、あっちに1本こちらに1本というような感じで分散していますが、人工的には、密植できるのでしょうか?

[542] ハッチョウトンボ  投稿者:夢追人  投稿日:2003/06/10(火) 15:56:42 [返信]
I P:219.162.232.65
 ハッチョウトンボの名前の由来は、江戸時代末期の尾張の本草学者が著した『蟲類写真』に「ハツチウトンボ、赤卒(アカネトンボ)の一種、その形はアカネトンボよりは小型である。これは日本においてヤダノテチポウバハツチウメ(矢田鉄砲場八丁目)にのみ発見せられ、そのためにハツチウトンボの名を有する」と記されている他、吉田雀巣庵『蜻蛉譜』にも「大暑矢田川原ノ八丁場ニ出ル故に名アリ」という一文があります。
 ハッチョウトンボは体長20ミリ(1円玉)ほどで、世界でも最小のトンボのグループに入ります。
 相生市では若狭野町の湿地にもいましたが、近隣では加西市の山中にある池辺、小野市青野ヶ原の自衛隊の演習場内にある池辺には数多く生息しています。
 岡山県自然保護センターの場合、桟道より湿地を見下ろすようになります。
 カメラの目線とトンボの目線が平行になるように撮るには、湿地に入らなければ殆ど無理なのです。
 このトンボは人が接近しても余り逃げることもなく素手にて容易につかめます。
 気温が上がるとトンボが尻尾をあげて、水面反射を背景にしたものに人気があります。そのために、油状のものを散布したり、金粉を撒いたりして撮る人もいたように聞いています。
 各地の美術展において、ハッチョウトンボの作品が出展されていることもあるので、(さめた目で)鑑賞してみて下さい。



Re: ハッチョウトンボ 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/12(木) 12:50:09 [HOME]
I P:219.106.94.39
 レス遅くなって申し訳ありません。きのうは我が家の田植えで、失礼しました。 

ハッチョウトンボのご紹介ありがとうございます。名前も知りませんでした。
 「人が接近しても逃げない性質」がカメラ愛好家に好まれる理由と読みましたが、それでいいのでしょうか? しかし「金粉を撒いてまで撮る」とは、いったい何のために?です。

 美術展は二十代のころによく出かけましたが、もう何十年もご無沙汰です。写真展の類は一度も入ったことがありません。ノンビリと、そういうところへ出かけられるようになるのと、カンオケへ入るのと、どちらが早いかなあと天を仰ぐ毎日です。

[541] 氷ノ山のうつぎ  投稿者:マッシュ  投稿日:2003/06/09(月) 12:05:28 [返信]
I P:219.166.6.226
6月7日の土曜日に、氷ノ山に登ってきました。毎年、春と秋にいってます。今年は、タニウツギの花が、見事でした。天下台のウツギとは、違ってピンクの花がまるで桜のように咲いてました。
とても、美しかったです。山頂への道では、鳴子ユリのようなはななど可愛い花と新緑の登山でした。
 昨日は、好古園に行き山野草を見てきたのですが、なかなか覚えられなかったです。今後は、細かく観察す事にしようと思います。


Re: 氷ノ山のうつぎ 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/09(月) 22:35:01 [HOME]
I P:219.106.94.169
 氷ノ山に毎年2回登っておられるとは、うらやましい。

 私は4年前、田植えが終わった直後(6月13日)に一度行ったきりです。氷ノ山スキー場のアルパインヒュッテに前泊し、仙谷コースを登りました。その途中でタニウツギを見かけました。頂上から二の丸(三の丸)を経て戸倉峠へ下りました。スズコ(チシマザサの竹の子)を採るにはちょっと遅かったと記憶しています。

 「花便り」の「タニウツギ」のページに載せている写真は、3年前の5月中旬に扇ノ山へ登ったときに、鳥取県内の道路端で撮ったものです。当時はデジカメの扱いに馴れていなかったこともあって、実物よりもピンク色が薄く写っています。

 次のURLをクリックすると、「花便り」の「タニウツギ」のページが直接開きます。

http://www.geocities.co.jp/Outdoors/6286//taniutsugi.html


Re: 氷ノ山のうつぎ 投稿者:マッシュ  投稿日:2003/06/10(火) 10:23:53
I P:219.166.6.226
スズコですが、多数の方が採取しに来られてました。あっちでもこっちでもささの茂みの中でガサゴソと音がしてました。
「採るのには遅いけど・・。」、といいながら大きな袋を担いだご夫婦もおられました。
 タニウツギのページ楽しく拝読しました。ありがとうございいました。
 

[540] ホタル  投稿者:みつ  投稿日:2003/06/08(日) 12:41:08 [返信]
I P:43.244.155.141

去年ぐらいから近くの川(岩谷川)でホタルが
10〜20匹ほど飛ぶようになりました。
もう時期が過ぎて見られなくなったんですが
近所の人はよく見に来ていました
来年はもっと増えてほしいです


Re: ホタル 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/08(日) 22:56:09 [HOME]
I P:219.106.94.31
 双小の掲示板でも、管理人さんがみつくんと同じようなことを書いています。下水道が普及して、岩谷川の水が綺麗になったんだろうね。

 おじさんが子供の頃(約50年前)は、古池大谷川にもヘイケボタル(平家蛍)がたくさんいた(ゲンジボタルより小さいやつ)。ドルフィンの横を流れているあの川だよ。当時はコスモス通りはもちろん無くて、あの辺は一面が田んぼだった。近所の子供達と連れだってホタル狩りに何回か行った。祖父から「ヘビの目玉も、ホタルとおんなじように、草むらで青白うにひかっとうから、気い付けえよ。ヘビの目はホタルみたいに消えたり灯いたりせえへんから分かる。」などと脅されたこともありました。

[539] 岡山県自然保護センター  投稿者:夢追人  投稿日:2003/06/07(土) 17:34:15 [返信]
I P:218.44.131.229
 小生の自宅より車で1時間から1時間30分で行くことができます。

所在地は,和気郡佐伯町田賀にあります。
詳しいことは,タイトル名で検索すれば出てきます.

 岡山県森林公園へ行っておられるようですが、ぜひこちらの方にも足を運んでみてください.
とんび岩さんなら,こんなところにこんなものが、もっと早く知っていたらと悔やまれるのではと,勝手ながら想像しています。


Re: 岡山県自然保護センター 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/08(日) 22:39:19 [HOME]
I P:219.106.94.31
和気郡佐伯町というと、佐伯天神山へ登ったことがあります。
道路地図で探したら、見つかりました。また機会があれば訪ねてみます。

 岡山県立森林公園は、三朝温泉へ出かけた帰り道に時間が余ったので立ち寄ったのが最初です。ザゼンソウが見られるということも着いてから知りました。

 私は、世間ですでに定評のある(評価の定まった)ネタは遠慮したいタチです。たくさんのカメラマンが押し掛けるような場所なら、それだけで避けたくなります。

[538] はじめまして  投稿者:みじんこ  投稿日:2003/06/06(金) 08:58:01 [返信]
I P:211.129.180.135
初めて、おじゃましました。
懐かしいですね「天下台」。子供の頃は身体が小さかったので登るのが大変辛かった・・
今は闘病中でほとんど家と病院の往復ですが、体力が戻れば、また登ってみたいです。
いいもの見せていただきありがとうございます。


Re: はじめまして 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/06(金) 22:32:30 [HOME]
I P:219.106.94.236
 お立ち寄りありがとうございます。
天下台は子供の頃から遊び場でした。
今でもとんび岩のある北尾根を歩くと童心に帰ります。
ガンピやヤマナスビ(ナツハゼ)が気になります。
老後は北尾根で千日回峰したいけど、
ルートが今にも消え入りそうだなあ、
インターネットを使って歩く人を増やそうと思い立ったのが
このサイトを手掛けたそもそもの動機です。

 みじんこさん、別のところの掲示板に、現在は相生にお住まいではないようなニュアンスのことが書いてありましたが、そう受け取っていいのですか?


[537] 考えてほしいこと  投稿者:夢追人  投稿日:2003/06/05(木) 23:46:23 [返信]
I P:219.162.232.65
とんび岩さん、この場をお借りして
訴えさせて下さい。
6月5日、岡山県自然保護センターへ出かけて来ました。
今、センターの湿生園ではトキソウが数千株咲き誇って
います(例年5日前後がピーク)。
ハッチョウトンボも発生していますが、成熟したものはまだ
数少ないながらも交尾・産卵も
観察することが出来た。
余談)本日、備前市からNHKが取材に訪れていた。

ところで、姫路の人達(姫路ナンバーの車を指して
いるものと思われますが)には来てほしくないと
担当のMさんから言われました。
何故ならば、マナーが非常に悪い。火曜日の休園を狙って
訪れ、(トンボの)写真撮影のために湿地に立ち入り放題----
何の為の自然保護センターか理解されていない。
一応車のナンバー等は控えており、どういった対策が
とれるかを模索しているとか。また、注意した来園者
から小生から聞いて来たという人もいたとかを聞いて
面目まるつぶれ。
「岡山県民の財産を姫路方面の人達に食いつぶされるなんて
とても許せない」と非常に立腹されていた。
俗に「旅の恥はかきすて」とは言われてますが
こんなに悪いとは情けないものです。


Re: 考えてほしいこと 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/06(金) 20:00:26 [HOME]
I P:219.106.94.236
 岡山県自然保護センターはどこにあるのかも知りませんが、
出かけるときは、胡散臭い目で見られるものと覚悟しておく必要がありそうですね。私も「姫路ナンバー」ですから。

 しかし彼らは、何故、そうまでしてトンボの写真を撮るのですか? 私には、そこのところから分かりません。
あちこち、撮影旅行に出かけておられる夢追人さんには理解できますか?
 私の場合は、遠くへ出かける時間がないこともあって、日常生活の中で面白いと思ったものを写しています。HPに花などをご紹介するときは、撮影場所が特定できる背景などは写り込まないように気をつけています。

[535] なかなかいいサイトですね  投稿者:はじめの  投稿日:2003/06/05(木) 22:49:04 [返信]
I P:61.207.237.23
はじめて、このサイトを見ました。
いいサイトですね。書き込みもほのぼのとしていてとても気に入りました。書き込みはあまり出来ないかもしれませんが、時々見にくるようにします。それでは、また。


Re: なかなかいいサイトですね 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/06(金) 08:30:59 [HOME]
I P:219.106.94.236
 「はじめの一歩」さんですね? ご活躍のお噂は別のところで拝見しております。

 当サイトのコンテンツは、中高年向きで、若い人にはあまり面白くないのではないか(?)と自分では思っています。
今後とも、率直なご意見をお願いします。

[534] 相生体質  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/05(木) 12:44:08 [HOME] [返信]
I P:219.106.95.241
 すでにご存知の人も多いとは思いますが、
「相生体質」について、勇気ある意見が書き込まれている掲示板をご紹介します。次のURLをクリックすると開きます。
なお同掲示板では最新の書き込みは一番下にあります。

http://kinki.machibbs.com/bbs/read.pl?BBS=kinki&KEY=1053306203&LAST=50


[533] 子供の頃  投稿者:堀井咲千子  投稿日:2003/06/03(火) 00:02:26 [返信]
I P:61.123.27.81
子供の頃、山陽本線の汽車の音が、岩ぃ谷にいったん吸い込まれてから、やわらかく響きをかえて村を包み込んだものでした。いま私の住まう雑多な処でも夜遅くなると、貨物列車が長く尾を曳いて通り過ぎます。丘の上のマンションのコンクリートに当たり、音を割って和まり懐かしい響きになって降りてきます。
 保育所のブランコにはよく乗って遊びました。遊びといえば古賀紡績の跡地が広がっていて、そこから山までは原野のような野原や、雑木林が続いていました。日がな走り回っていたものす。
 私は小学1年生までは、揖保郡かんべ少学校へ通学しました。2年生になるとき那波野が相生市に変更になり、双葉小学校に通う事になりました。教室が足りないとかで、高校の教室を借りて授業を受けました。今の中学校の運動場あたり、山を崩す発破の音が鳴り響いていたものです。
『素足の娘』に出てくる相生にも、発破で山を崩す場面がありますが、相生の変動の時に居たということになります。
 1首つくりました
しろいろは 岩ぃ谷なる 石群れの 
          一つに還った 祖母のたましい



Re: 子供の頃 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/04(水) 22:46:54 [HOME]
I P:219.106.94.40
 「原野のような野原や、雑木林が続いて」いるところというのは、たぶん龍野藩と赤穂藩の境界線上のことでしょうね。あの雑木林はかすかに覚えています。

 揖保郡の神部小学校というのは、旧国道(西国街道)のそばの山の上にあったアレでしたっけ?
 私が双葉小学校に入学したころ(昭和29年)も教室が足りませんでした。1年生は午前中だけで帰宅して、午後から入れ替わりに上級生が登校するという2部制も経験しました。
「発破」の音は双中、双小の9年間、ずっと聞いていました。授業中に「もうすぐ発破があるから注意して下さい」と校内放送があると、全員で机の下に隠れていました。実際に岩の破片が飛んできて教室の窓ガラスが割れたこともありました。中学校では体育の時間にツルハシやスコップを使って土木作業(グラウンド作り)をしょっちゅうしていました。


Re: 子供の頃 投稿者:南平台  投稿日:2003/06/05(木) 00:00:51
I P:219.107.12.252
 私もとんび岩さんより10年後に、平芝?の保育所へ1年だけ通いました。
 池ノ内から国道と線路と川を越えていきました。まだ車も少なくて、土ぼこりの道を歩きました。
 
 発破の音は記憶していません。団塊の世代のあとに生まれた私たちのは、とても恵まれていたのですね。



南平台さん 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/05(木) 22:21:12 [HOME]
I P:219.106.95.241
 私の10年後というと、幼稚園は双葉ですか?
私たち団塊の世代が卒業した後、双葉小学校には空き教室がたくさん出来ました。
双葉幼稚園はその一部を使って出来たのです。
あそこは双小の音楽室や理科室など、特別教室だった建物です。
その双葉幼稚園も(2年前だったか?)に廃園になりました。
園内の桜の木の一部は相生スポーツセンターに移植されて残っています。
 私は今、南平台さんが保育所へ通った「国道と線路と川を越える」道を、毎日何回も行き来して生活しています。


[532] 光ファイバー  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/02(月) 23:02:33 [HOME] [返信]
I P:219.106.103.123
 明日6月3日、我が家のインターネット回線がISDNから光ファイバーに変わります。年のせいや、農繁期(多忙)のため、対応に手間取り、当HPの管理が滞るかもしれません。そのときはご容赦ください。

 無事につながれば、この掲示板でその旨ご報告します。


つながりました 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/06/04(水) 22:20:47 [HOME]
I P:219.106.94.40
 ブロードバンドルーターのマニュアルが分かりにくくて、設定に手間取りましたかが、きのう半日ほどで何とか自力で立ち上げました。

 ところが今朝になって回線の状態が不安定。切れたりつながったり。工事屋さんにもう一度来てもらって原因調査。光ファイバーの接続に問題があったようで、午後7時にやっと安定化しました。

 HPの運営は、明日から従来通りです。

[531] 始めまして、時々花便りを見させていただいております  投稿者:堀井咲千子  投稿日:2003/05/27(火) 11:02:07 [返信]
I P:61.123.24.157
始めまして、時々花便りを見させていただいております。
季節に応じてつぎつぎ綺麗に咲かせて下さる花園は、こころのなぐさめです。
付けられているコメントも優しくてお人柄がしのばれます。
以前那波野で検索をしましたら、岩ぃ谷の所で祖父母の墓が出てきました。オォと思わず声を上げてしまいました。子供の頃よく登ったとんび岩の登り口が、いまでもいきていたのかと感激いたしました。20年程も前だったか一度登りかけましたが、誰も登らないのか、道が消えてしまっていたように思われたのですが。
それ以後ときどきふるさとの山のお話しを、拝見しております。それから子供の頃の思い出なども、知らないお方ながら、共有している部分のなつかしさを楽しんでおります。
赤坂の人殺しの時には、私も走って見に行きました。岩ぃ谷が決壊した時には、ご近所皆で赤坂のお地蔵さんまで避難したものです。
*さんまい(三昧) 辞書を引いてみました。ちょっと胸が落ち着きました。
    また楽しんで、拝見させていただきます。




Re: 始めまして、時々花便りを見させていただいております 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/27(火) 23:05:23 [HOME]
I P:219.106.107.247
 とんび岩の登り口の写真に御祖父母のお墓が写っていること、まことに申し訳ないです。他家のお墓を無断で撮影するのはちょっとマズイなと思いながらも、お墓を入れずに登山口だけを写すことはできないので、やむを得ずやりました。何とかご了解をお願いします。

 私は平芝にあった保育所(現在は愛老園の跡に移転)の1期生です。保育所に通っていたころ、周辺にはまだ岩屋谷池決壊の被害の跡が残っていたように記憶しています(但し古い話ではっきりとは思い出せません)。とんび岩へ初めて登ったのも保育所の遠足でした。そのときの印象が強烈だったので、HPの名前にまで「とんび岩」を使っています。それにしても、当時の保母さんたちは、小さな子供達を、よくあそこへ連れていったものだと、感心しています。
私は古池から那波野の保育所へ通っていたのですが、当時は保育所まで保護者が同伴する子供はほとんど無く、私も1人で公園地の前を通って通っていました。長池で子供の水死事故が続いた時代で、帰宅時は保母さんが長池の南の端にある古池のお地蔵さんのところまで送って来ていました。

 ご投稿を拝見して、ついつい昔のことを思い出してしまいました。これからも、とんび岩通信を宜しくお願いします。

[530] コヤスノキ  投稿者:夢追人  投稿日:2003/05/27(火) 09:00:30 [返信]
I P:219.162.239.214
 繖形花序に1〜10数個の花をつけ、5月中下旬に開花する。
がくは5枚で緑色,卵形をしている。
 花は合弁花で、花びらは5枚あって黄色である。

 訂正
 上郡町岩木大避神社 約400株
 矢野町森磐座神社 約300株の社叢の群落は、県指定天然記念物となっている。

 注 磐座神社には、何故か数株しか見当たらなかった。
   県にどうなっているのか問い合わせているが、未回答です。


Re: コヤスノキ 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/27(火) 22:28:53 [HOME]
I P:219.106.107.247
 情報ありがとうございます。花期は5月中下旬ですか。今年は時間が無いので、来年の「花便り」予定に入れておきます。

 磐座神社のコヤスノキが県指定天然記念物になっていることは知っていました。たぶん夢追人さんがご覧になったのと同じ「数株」の状態が、「貧相」で、とても保護されているようには見えなかったと言いたかったのです。手元に県指定天然記念物の一覧表があるのですが、それによると、磐座神社のコヤスノキは2805平方メートルとなっています。背後の裏山のどこかにまとまって生えているのではないか?と推測します。

[529] ユウゲショウ(夕化粧)  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/26(月) 22:46:07 [HOME] [返信]
I P:219.106.106.122
 「花便り」6月の「ユウゲショウ(夕化粧)」のページに、
今年の写真を2枚追加しました。

[528] ジャガイモ(馬鈴薯)  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/26(月) 17:58:15 [HOME] [返信]
I P:219.106.99.135
 「花便り」5月のメニューに、「ジャガイモ(馬鈴薯)」を加えました。

 一般には観賞の対象にはされませんが、結構綺麗な花です。
次のURLをクリックすると該当のページが直接開きます。

http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/potato.htm


[527] コヤスノキ(ヒメシキブ)  投稿者:夢追人  投稿日:2003/05/26(月) 15:12:37 [返信]
I P:219.162.239.214
 この時期には、矢野川支流へカワトンボの仲間等の観察に出かけています。
 川辺に世界の珍木コヤスノキの花が見事に咲いていました。
 矢野町森,磐座神社境内は県の天然記念物に指定(当時、200株)されていましたが、コヤスノキは数少なく花つきも悪かった。
 ついでに、上郡町岩木の大避神社(約300株)にも寄ってみたが、花のつきかたもいまいちであった。
 当HPの花便りの感化を受けて、花にも少し目が行っているようです。


Re: コヤスノキ(ヒメシキブ) 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/26(月) 18:11:39 [HOME]
I P:219.106.99.135
 磐座神社でコヤスノキを見たことはありますが、花は見ていません。どんな花ですか? 時間(機会)があれば、写真に撮ってみたいと思います。

 私が磐座神社を訪ねたのは紅葉の季節の晩秋でした。コヤスノキの看板はありましたが、保護されているようには見えませんでした。

[526] 東部墓園遊歩道途中からの分岐路  投稿者:はやさか  投稿日:2003/05/25(日) 01:34:56 [返信]
I P:61.120.173.5
はやさかです。

今日5月24日東部暮園入口から遊歩道〜山頂〜西尾根で計画を立て登る事にしました。
予定通り遊歩道を登っていると、天下台で良く会うMさんが下って居るのに出会いました。
Mさんから、遊歩道の疑木の階段が始まる所から右側に別れ道が有り、
ここからも、登ることが出来ると聞いて予定変更して、そこを歩くことにしました。

分れ道は、疑木の階段が始まって5段目位の右側に保安林の看板が目印です。
ここを右に折れて歩いて行きました。
Mさんの話では最近木を切り出すために下草を払った様だと言っていました。

道の様子は、水が流れて居る沢沿いの道で、
下草を地面から20センチくらいから刈って有り、
スニーカー等くるぶしを覆わない靴では足首を切株で怪我をしそうだと思いました。

しばらく歩くと(たぶん100メートルと少し位)踏み別け道が二つに分岐していました。
今日は左側の道を進みました。

しばらく歩くと、岩場にでて水が流れて居る所に出ました。
ここは、日当たりが良いせいか、藻がたくさん発生していて滑べりやすく注意が必要でした。

分岐路の終点近くは、踏み後がはっきりしなくなり道に迷いそうな感じでしたが、たぶんここだろうと目星を着けてヤブに突入して、5メートル位で突然、山頂を周回する遊歩道に出ました。

所要時間は、分岐路から周回遊歩道まで20分程度かかりました。
途中何度も茨が服やズボンにまとわりつき歩きやすい道では有りませんでしたが、
もうしばらくすると草が繁って歩けなくなるかも知れないので、
興味が有る方は、早めの挑戦が良さそうです。

山頂には、12時半頃着きました。
家族連れが一組登って居ました。
コンビニで買ったおにぎり食べて帰る事にしました。
リュックに結んで置いた水筒が無くなって居るのに気がついたので、
予定変更して来た道を下りましたが、水筒は見付からずがっかりでした。





Re: 東部墓園遊歩道途中からの分岐路 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/25(日) 09:39:19 [HOME]
I P:219.106.102.85
 ああ、あの沢ですか。私が入るのは、ウラジロ採りなど、冬場だけです。それも厚鎌持参で。
私は、はやさかさんが入られた地点より、たぶん少し上流から入ります。すぐ先の休憩所(東屋)から強引に下ることもあります。
人がめったに入らないところですが、私には、何か懐かしさを感じさせる場所です。

 「下草を払った」というのは、昨年12月ごろに、新規雇用創出(失業対策)事業で、マツクイムシにやられて枯れた松を切り倒す作業をしていた人たちが、作業通路に使った結果だろうと推測します。東部墓園から入る遊歩道沿いには、同様の新しい踏み分け道がほかにも出来ています。

[525] はじめまして、おじゃまします。  投稿者:ボン松  投稿日:2003/05/23(金) 18:39:01 [返信]
I P:220.105.172.44
とんび岩さん、はじめまして。市内在住のボン松です。
天ヶ台山の登山口の一つに、市営斎場のささゆり苑ウラ、
と紹介されてましたので、私は登山やハイキングはしない
のですが、先日身内の葬式の時、火葬待機中に退屈だったので
炉裏の駐車場に行き、階段を上がって見ると・・・
ありました。市内のサンマイにおられた?4組の六地蔵さん。
真ん中に大きなお地蔵さん(うつむき加減の)が。
昔々は、市内の村々にサンマイがあったそうですが、
あの4組のお地蔵さん達は、何処のサンマイからやって
きたのでしょうかねー??(変な質問してスンマセン)
私の推測では、旭の旧旭小学校裏山にサンマイがあった
そうですが・・・(幼少の頃探検ごっこで竹やぶをほじる
とレンガやら明らかな人の**が出てきた記憶が
ございます)

綺麗な話題(美しいお花)の最中、申し訳ないです!


Re: はじめまして、おじゃまします。 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/24(土) 07:58:12 [HOME]
I P:219.106.101.133
 あのお地蔵さんたちをご覧になりましたか。
それは功徳でしたね。
植え込みで遮られて人目につかず、おそらく訪ねる人は少ないのでしょう。仏さんたちは寂しそうでしたから。
実はあのページ、以前は仏さんたちの写真を載せていました。
ホームページの容量が窮屈になった時期にカットしたまま忘れていました。
ボン松さんのご投稿は、地蔵さんたちが乗り移って「写真を復活してくれ」と書かせたのでは?と思いました。

 各お地蔵さんの出身サンマイは私にも分かりません。
ささゆり苑がある場所は、元は古池のサンマイでした。
ずっと昔の古池のサンマイは現在双葉荘のある山の北側斜面にあったのですが、その場所に市立相生高校が建設されることになり、今のささゆり苑の場所に移転しました。双葉荘は市立相生高校の跡に建設されたものです。したがってあそこも元はサンマイだったということです。

 古池のサンマイがいつごろから相生市のサンマイに昇格したのかは知りませんが、旭は地理的に近いこともあり、旭小学校建設(1954年?)のころから、旭地区も古池のサンマイを使うようになったのではないか?と想像します。
私の子供のころには、野瀬や池之内などにもサンマイがありました。


Re: はじめまして、おじゃまします。 投稿者:ボン松  投稿日:2003/05/24(土) 14:55:58
I P:220.105.171.34
とんび岩さん、さすが、詳しいですね。
双葉荘の前は旧相生高校があったことは、以前母から聞いて
知っておりましたが、まさか、その前はサンマイだった
とは、驚きです。とすると、その時代は現在のささゆり苑
の場所には何も無かったのでしょうかね?20数年前、
祖父の火葬で前の火葬場(立て替え前の煙突式)に行っ
た時、何となく横手から建物の裏を覗き込むと、凄く古い
崩れかけた瓦付き土塀がありました。そこはそこで別なモ
ノがあったんでしょうか・・・謎です。
その他、池ノ内のお寺(長専寺?)の近くにあった竹薮
(現在は国道2号上り)の中にもそれっぽい建物があった
ようです。また、山手の某結婚式場の辺りにも・・・その
時代のものと思われる、六地蔵さんが墓地公園にありま
すね。那場の山の方にも、三昧場があったみたいです。
(写真集・相生に写真掲載・昭和初年頃の様子として)

これらの、一風変わった資料と言うものは、市立図書館で、
探せないもんでしょうか?この間、図書館へ行った際郷土史
資料の棚を見ても、市の施設に関する歴史資料なるものは
無かったようです。館内の、別の場所に秘蔵してあるので
しょうか。とにかく、相生で生まれ育ち、在住者として、
何故か気になる事柄です。とんび岩さんのサイトの趣旨に
反する内容で、申し訳ないです。

PS:あのお地蔵さん達の写真UPして欲しいです。
とにかく寂しそうでした。(特にうつむきの寂しい表情を
した大きなお地蔵さんが・・・)



Re: はじめまして、おじゃまします。 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/24(土) 22:34:37 [HOME]
I P:219.106.100.191
 ボン松さんが見た「凄く古い崩れかけた瓦付き土塀」は、市営火葬場(ささゆり苑の前身)が建つ以前の古池のサンマイ(三昧)の跡です。親戚の葬儀に参列したとき、父から教えられました。

 昔の三昧は普通あのように四方を土塀などで囲んで火が周囲に移らないようにしてあります。この掲示板によく登場する馬場坂の東側の登り口は揖保川町馬場の墓地ですが、そこには立派な石囲いの三昧が残っていました。残念なことに2〜3年前に取り壊されてしまいました。写真を撮ろうと思い立つのが遅かったです。また、相生市史第4巻の401ページには、ノサン(矢野地区)の三昧の土塀の写真があります。興味があったら見てみてください。

 六地蔵や三昧の話題が「とんび岩通信」の趣旨に反するとは限りません。古い山道の起点が墓地や三昧になっていることはよくあることです。上述の馬場墓地はその典型例です。そして峠にもお地蔵さんがあります。また、ささゆり苑はわが天下台山の登山口のひとつでもあります。

 お地蔵さんの写真、さっそく以前のものを再アップしようと探したのですが、見つかりませんでした。もう用がないと思って原画まで消してしまったようです。撮り直すしかありませんが、ここしばらくは田植えの準備などで忙しく、余裕がありません。少し(1カ月ぐらい?)時間がかかりそうです。


Re: はじめまして、おじゃまします。 投稿者:ボン松  投稿日:2003/05/27(火) 14:34:24
I P:220.97.217.13
とんび岩さん、色々情報有難うございます。
やっぱそうでしたか、古池の元サンマイの残骸
ですね。>ウラの土塀。
相生市史第4巻とやらを、是非閲覧しに行きます。
(ところがどっこい、6/13までは市立図書館内の整理で
休館らしいです、残念!)
余談ですが、この間、隣村の神部小学校東にある墓地が、
まさにサンマイの跡らしく、痕跡というか、台とか、
土塀が少し残っていました。大きなお地蔵さんもたって
ました。すぐ横には民家もありました。
とんび岩さんは、ささゆり苑の裏山のお地蔵さんのところ
まで行った時、恐怖感とか、気味悪さとかは、感じな
かったんですか?
僕は、昼間でしたが、超緊張しました。(恐;




Re: はじめまして、おじゃまします。 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/28(水) 10:52:05 [HOME]
I P:219.106.105.222
 神部小学校の前の道路は車で時々通りますが、そういえば、それらしい跡がありましたね。

 ささゆり苑の裏手の石仏群を初めて見たときは「ドキリ」としました。ささゆり苑は、もちろん愉快とか楽しい場所ではありません。でも、前にも書いたように、山歩きをしていると、墓地やサンマイは珍しくありません。それなりに馴れていました。しかしあの石仏群は、突然予期せぬところに出現したのでドキリとしました。今は、そのときのことを、妙になつかしく感じています。

 「気味が悪い」という意味では、天下台山南を走る馬場坂(西側)の中ほどにある「廃屋」もちょっとしたものです。通るたびに背筋がゾクリとします。「山&チャリ」の向井さんもレポートのなかで「霊気漂う〜」と表現しています。興味がありましたら次のURL(向井さんのレポート)をクリックしてみて下さい。

http://mtchari1.easter.ne.jp/0202tenga.htm

 一般に「廃屋」は心地が悪いですね。矢野町釜出のさらに奥に黒蔵という廃村がありますが、そこの廃屋へ足を踏み入れたときの緊張感は今も忘れられません。それでも、止せばいいのに、もっと奥へ行ってみたくなるのが私の性分です。

[524] ムギワラギク(麦藁菊)  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/05/22(木) 22:47:15 [HOME] [返信]
I P:219.106.107.69
 「花便り」5月のメニューに、「ムギワラギク(麦藁菊)」を加えました。

 テイオウカイザイク(帝王貝細工)とも呼ばれます。
生花ですが、まるで麦藁細工か貝細工の「造花」のように見えます。
写真(8枚)にその硬質感が表現出来ているでしょうか?

 次のURLをクリックすると、該当ページが直接開きます。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/mugiwaragiku.htm


< 前のページ 次のページ >

  vtB[  PR:HP  h  AoCg YQ  X|g}bL  zC[   ^C PRC`  Q[ wZ  oCNp[c   i  uXbg  w  y wZ   ^COK