とんび岩の掲示板
画面の下方に、これまでの書き込みがあります。


無料C言語BBS | HOME | 記事削除 | 管理用 | 女性に優しい♪出会い | 掲示板を気に入ったらクリック!

【コピーライター・WEBデザイナー他急募!】ナスカ広告パートナーで広告収入を!

お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
( タグの使用不可 )
文字色 他の色 #色参照
関連URL
削除用パスワード (半角英数字で4-6文字以内)
印は、必須項目です。
[BMW Z3 97年98年各1台入庫いたしました。 ] [味に深み!厳選された世界各地のナチュラルチーズ!]
[スタッフ募集!20歳以上、時給5千〜1万円!! ] [マンガコーナーより:設定項目がより簡単なワンタクアンケートを配布。 ]
[マンガコーナーより:ワンタクアンケートは2種類のアンケを楽しめます。 ] [癌 vs リンパ球 ]

[ 61 - 80 件を表示 ]


< 前のページ 次のページ >
[586] 過去ログについて(お知らせ)  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/28(日) 11:15:24 [HOME] [返信]
I P:219.106.95.47
   この掲示板は、過去の書き込みを100件(スレッド数)までさかのぼって閲覧出来ます。それより古いものは順次サーバーから削除されます。

 管理人としては、せっかくいただいたご投稿が消えてしまうのが口惜しいので、削除される前に全数を保存しています。

 次のURLをクリックすると、当掲示板創設(2000年5月)以来のすべての「過去ログ」を見ることができます。

http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/loglist.htm

[585] 手押し除草器見ました  投稿者:堀井  投稿日:2003/09/27(土) 11:57:22 [返信]
I P:219.20.166.76
  土の匂いまでもしてきそうな懐かしい物、見させていただきました。私も一、二度この除草器を押して手伝ったことがあります。
稲の葉の荒々しいまでの勢いの良さを思い出しています。
岩ぃ谷にミヤマアカネが群れ飛んでいるとの事、帰って1日中岩ぃ谷に寝っころがっていたいものです。
 春泥のやわらかき匂い恋うたそぼ撫ぜきしあぜに腰かけていん
 祖父母耕う田今し飾る彼岸花眼こらし見るま車窓過ぐる
*以前捕われた猫の顔見ました。印象深い強い眼差し。困った果ての事だったのでしょうに、猫も帰趨本能が有るのかと思ってしまうとんび岩さん。お困りでしょうが帰って来るといいのにな。


Re: 手押し除草器見ました 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/28(日) 12:06:41 [HOME]
I P:219.106.95.47
  「手押し除草機」をGoogleで検索してみたら、案外いろいろ抽出されました。農薬削減をめざす農家では、改良(復元)モデルが今も使われているようです。

 彼岸花の歌を拝読して、那波野から原(揖保川町)にかけての風景を思いうかべました。あのあたりは例年、水田の畦に沿って彼岸花が見事なのですが、今年はまだ目にする機会がありません。ちゃんと咲いているかどうか、少し心配です。


[584] ミヤマアカネ  投稿者:夢追人  投稿日:2003/09/26(金) 16:30:33 [返信]
I P:219.163.76.221
   日本で一番美しいと言われている赤トンボ、ミヤマアカネ。
いま、岩屋谷公園で見られます。


Re: ミヤマアカネ 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/26(金) 22:57:58 [HOME]
I P:219.106.94.18
   赤とんぼというとアキアカネしか知りません。ミヤマアカネというのは、高山に住んでいるような名前ですが、珍しい(希少な)種類なのでしょうか?

 「赤卒(せきそつ)」という言葉を思い出しました。赤とんぼのことです。大学時代に住んでいた自治寮の寮歌に、「赤卒群れを眺むれば〜」という歌詞がありました。

[583] 手押し除草機  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/24(水) 16:17:42 [HOME] [返信]
I P:219.106.94.139
   「私的博物館」のページ(末尾)に、「手押し除草機」を加えました。
 50年ほど前に、稲作(水田)で盛んに使われた除草機です。


Re: 手押し除草機 投稿者:南平台  投稿日:2003/09/25(木) 21:01:36
I P:219.107.12.20
   一年間の苦労も吹き飛ぶ実りの秋ですね。
 
 今年は冷夏の影響で昨年より収穫量がぐんと減り、新米の価格もずいぶんと値上がりました。
 
 こちらでは千葉や関東以北産の米が店頭に並びます。
 新聞やテレビでは、農家の物置から収穫されたばかりの米が盗まれた話題を何度か取り上げています。なんともやりきれないニュースです。
 
 この辺りでは稲穂を見つけることはできませんが、相生の田んぼはきっと今頃きれいな黄色になっているのだろうなと想像しています。
 
 


Re: 手押し除草機 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/25(木) 22:47:21 [HOME]
I P:219.106.95.9
   南平台さん、お久しぶりです。

 当地の米の作柄は、平年以下ですが、東北地方ほど悪くはありません。夏場の6〜7月に日照が少なく心配しましたがお盆以降に暑い日が続いて盛り返しました。コブノメイガという害虫の被害がかなり目に付きます。品種によってはすでに刈り取りが終わっていますが、我が家は10月10日前後に収穫の予定です。

 米泥棒の記事を見て、昭和20年代(私の幼少時代)を思い出しました。ハザにつるして天日干しにしている稲の穂先を、闇に紛れて切り取られたというような話を大人からよく聞きました。あのころは敗戦直後で、国全体が飢えていました。今は物はあふれていますが、人心は当時と同様にすさんでいるようです。

[582] シバナ咲く  投稿者:夢追人  投稿日:2003/09/21(日) 11:10:42 [返信]
I P:219.163.76.221
   相生市の天然記念物であるシバナが咲き始めています。
今では、佐方川河口と図書館下の鉄砲山海浜だけです。


Re: シバナ咲く 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/21(日) 13:31:14 [HOME]
I P:219.106.95.129
   お久しぶりです。実は私も17日に鉄砲山海岸へシバナの様子を見に行きました。そのとき花柱が立ち始めていたので、今週(24日)あたりが見頃だろうと考えていました。
去年は10月に新聞記事を見て出かけたのですが、花は終わっていました。今年はなんとか撮影して「花便り」に加えたいと思っています。

 以前夢追人さんからヒントをいただいていた天下台山の標高と岩石(流紋岩)の件は、それぞれのページを作って「天下台山」のメニューに加えました。ありがとうございました。


[581] 鉱石  投稿者:Bチャン  投稿日:2003/09/13(土) 01:51:28 [返信]
I P:210.227.211.146
   相生から赤穂への道を道路地図帳で調べていたら、坂越大泊鉱山に出会いました。ネット上で調べたところ、金の含有量で世界一、二位を争う鉱山だったとの事を知り、驚きました。
 相生のペーロン城。ひょっとしたら金鉱脈を狙ったのでは、と思ってしまいましたが、間違っていましたらごめんなさい。

 所有権の有る他人の土地を勝手に掘り返す事はできませんが、自然の山崩れで内部を見せてもらいたいと願っています。

 また、沢にあると思われる砂金も採ってみたいですね。
私立灘高校、地学の先生が生徒の実習として加古川で砂金を探しているTVニュ−スを見ました。この先生は全国各地で調査し、各地の河川で95%の確率で金を採取できたとの事です。(但し1日で0.1グラム程度)

 ひょっとしたら、と考え、相生の矢野川、上流の黒蔵川、天下台山の大谷川などで鉱物を探してみたいと思っています。


Re: 鉱石 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/14(日) 10:23:58 [HOME]
I P:219.106.94.179
  坂越大泊金山のニュースは、当時の新聞を何度もにぎわしていましたねえ! 鉱石の品位は高かったけれど、埋蔵量が少なくて、10年ほどで閉山したと記憶しています。
 オーナーは西播の納税者番付に毎年載っていました。友人から(当時)聞いたうわさ話ですが、採掘や冶金は(三井だか住友だかの)財閥系の鉱山会社任せで、大泊鉱山自体の従業員は社長と女事務員の2人だけ。仕事は鉱石を運び出すダンプの台数を確認するだけとのことでした。

 大泊の少し後に発見され、株式市場(住友鉱)で大ブームになった菱刈金山(鹿児島県)は今も採掘が続き、品位、埋蔵量とも世界有数だといわれています。
 その菱刈で、探鉱に一役買った植物があったという話が、6年前の某業界誌に出ていました。著者は京大農学部の西村和雄さん(1945生まれ)です。ヤブムラサキという植物は根から金を吸収して葉などに通常の1000倍以上の濃度で蓄積する性質があるので、菱刈鉱区一帯でヤブムラサキを採取してその葉に含まれる金の量を測定して濃度分布マップを作ったところ、首尾良く新しい金鉱脈の発見につながったということです。
 微量分析は私の専門分野です。かつては個人では手が出せないような大がかり(高価)な装置が必要でしたが、分析技術も日進月歩。そのうちに乗用車に積んで測定して回れる装置が出来るだろう、そうしたら・・・と思っています。

 ペーロン温泉は、最初から温泉目当てで掘ったものです。1500mだったかな、とにかく予想以上に深く掘られています。同温泉発見の新聞記事を見たとき、それだけ掘れば、地熱があるから、地下水さえあればどこでも温泉になるのではないか?と思ったものです。


Re: 鉱石 投稿者:Bチャン  投稿日:2003/09/15(月) 11:54:22
I P:210.227.211.166
   ヤブムラサキは生育に必要なものとして金を吸収しているのでしょうか。吸収量は極わずかだと思いますが、多量に集められるよう品種改良すれば黄金の葉が光を反射して・・・なんて想像してしまいます。

 菱刈鉱山の事は先日のTV放送で内容を少々知りました。浅熱水性金鉱床で、地下に侵入した水がマグマに触れて鉱物を含んだ熱水となり上昇して結晶したものなんですね。繰り返しの結晶化で1m程の幅になった金鉱脈は年代測定で約60万年かかってできたものと説明していました。
 この中の金は数十μmの小さな粒子ですが、含有量は世界平均が岩石1トンあたり5〜6グラムに対し約50グラムと高含有率だそうです。少ないものなんですね。

 坂越大泊鉱山についてはネット上で以前衆議院議員であった後藤茂氏が書かれた内容を見ました。1トンあたり2万グラムの金鉱石に水をかけて拡大鏡で覗くとやっと金が確認できたそうです。
 後藤氏は子供の頃、同鉱山から4kmほど離れた所に住み海岸近くの裏山に水晶を取りに行った事があると書いています。「我が町には播磨造船所があり・・・」とも書かれていますので水晶があったのは壷根かな、と思っています。

 私は小学校低学年の時、近所の上級生から宮山でとったという水晶をもらった事があります。乳白色で小さな突起がたくさん集まったものでした。当時はあまり興味が無かったのですが、今度は自分で見つけてみたいと思っています。


Re: 鉱石 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/15(月) 18:52:13 [HOME]
I P:219.106.94.204
   西村さんのレポートには、ヤブムラサキが何故金を蓄積するのかは書かれていないけれども、生育に必要というわけではなさそうです。西村さんは、話に尾ヒレがついて、「ヤブムラサキの葉を太陽に透かすと金色に光ると聞いたけど本当か?」と聞かれたこともあったようです。実際に葉に含まれていた金の最高含量は0.2ppmだったそうです。オーストラリアには、葉を灰にしたらその中に20%ものニッケルが含まれていた植物があったというような話も紹介されています。

 後藤茂さんの文章に出ている「1トンあたり2万グラム」というのは、重量比で2%ということですね。金の比重が母岩の5倍だとすると、容積比では0.4%になりますから、拡大鏡で見ないと確認できないというのもうなずけます。砂金の粒は後藤さんの流儀でいうと「1トンあたり90万グラム」ぐらいの品位かな? 大泊鉱山の平均品位は菱刈と同等程度だったと思います。

 後藤茂さんは那波地区の出身だったと思います(おぼろげですが)。したがって、水晶を取った裏山というのは宮山のことでしょう。相生市内では、野瀬の水晶山でも水晶が採れます。

[580] 塩味饅頭  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/09(火) 21:35:08 [HOME] [返信]
I P:219.106.94.208
   赤穂つながりになりましたが、

 「新聞(西播磨)」のコーナーに、神戸新聞の「ひょうご味彩々シリーズ」の中の「塩味饅頭」を追加しました。

 私にとっては、いろいろ勉強になった記事です。
次のURLをクリックすると、該当ページが直接開きます。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9711/2003/k030906.htm

 


[579] 赤穂市に行ってきました  投稿者:Bチャン  投稿日:2003/08/31(日) 23:19:06 [返信]
I P:61.112.175.243
   今日、自転車競技のバイクトライアルを見に赤穂市に行ってきました。 9/7の予定が本日に変更になった為です。

 場所は山陽自動車道路、赤穂ICの南東約200mの位置。
近畿大会として集まった40名位の競技者と応援の家族合わせて70名位の人。競技者の中には小学1年生位と思われる子供が5〜6名いましたが、参加されている皆さんは体のバランスをとるのが大変上手ですね。
 この場所では10数年前から自転車のバイクトライアル、オートバイによるモータバイクトライアルの競技を行なっているとの事です。

 この後、高取峠を歩こうと思いましたが、赤穂駅で観光担当者から危険と言われた事と体力が消耗していたので西相生まで電車に乗り、相生市立図書館に向かいました。
国道250線以外でMTBで走れる道を探して赤穂方面にも活動範囲を広げてみたいと思っています。

 




Re: 赤穂市に行ってきました 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/01(月) 22:17:45 [HOME]
I P:219.106.94.94
   国道250号以外で、MTBで相生から赤穂へ行く道というと、
まず、壺根を経由する県道568→458号があります。高取峠のような大きな坂が無いので、MTBには快適でしょう。平日の交通量は少ないですが、週末は分かりません。

 JR有年駅から周世坂を越えて南へ行く県道457→459号もいいですね。途中、高雄山の神護寺へ立ち寄ることをお薦めします。有年駅まで行くルートとしては、県道5号(姫路上郡線)、国道2号と並行に走る農道、MTBをかついでJRに乗るなどが考えられます。

 JR有年駅から千種川を東岸沿いに下る県道525号も風情が有ります。昭和20年代に廃線になった赤穂鉄道の線路跡で、今でも名残があります。5〜6年ぐらい?前に拡幅されて、以前ほどではないですが、まだまだ昔の自然が残っています。高雄橋は渡らずに東岸(県道459号)にこだわりたいですね。

 西有年から赤穂市西部へ出る県道557号は道幅はありますが、かなりの山越えで、寂しい道です。途中、横山から西へ入ると有年大池があります。その奥に、赤穂市が新しい自然遊歩道を作っています。私は四輪だったので、道幅が狭くなったところで降りて、少し歩いて引き返しました。MTBか単車なら奥まで行けたかもと思っています。


Re: 赤穂市に行ってきました 投稿者:Bチャン  投稿日:2003/09/02(火) 23:03:41
I P:61.112.175.229
   ありがとうございます。
それぞれ魅力的なコースですので、行ってみたいと思います。

 興味あるものに出会うと時間を忘れて見とれてしまいます。時間を費やす贅沢な遊びだと思いますが、私はこのような遊びを楽しみたいと思っています。

(黒蔵村の件)
 8/15日に迷った場所がわかりました。
相生市史第四巻P294の地図で、?の記号がある「大正時代末まで家があった場所」の付近です。
 沢が分岐しており、先に東黒蔵方向へ沢を歩きました。途中で間違いに気付き、斜面の上に登り周囲を見渡しましたがよく分からず。次に北黒蔵方向に進み、北の斜面を上がると道がありましたが引き返す事にしました。
 道がどこまで続いているのか分かりませんが、この地図を参考に歩いてみたいと思います。
 


Re: 赤穂市に行ってきました 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/09/03(水) 11:24:37 [HOME]
I P:219.106.94.71
   黒蔵村のレポート、期待しています。
私の代わりにBチャンに行っていただいているような気分で、ありがたいです。

 私にとって「忘れゆく村々」は、読む度に行ってみたくなる魔力があります。

[578] お地蔵さんつながりで  投稿者:もちこ  投稿日:2003/08/30(土) 20:42:07 [返信]
I P:61.207.236.245
  旭5丁目の唯然地蔵は 昭和三年からお隣の矢野さんの所有です。 明治末期に相生の濱本氏の尽力により造られたものですが。 昭和初期からお世話されているのは 矢野さんご一家なので 驚きそして敬服します。 公共物でない個人所有のお地蔵様ってすごいですね。 私はおまいりする度に 賽銭箱はどこから開けるのか (下品な話でスミマセン) 不思議に思います。 相生には いや全国的にも 個人名義(固定資産)のお地蔵さんって多いものなのでしょうか。


Re: お地蔵さんつながりで 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/30(土) 22:43:13 [HOME]
I P:219.106.94.252
   境橋のところにあるお地蔵さんのことですね?
 昭和初期からお世話をされている人があるということは分かります。しかし、あのお地蔵さんのある土地が、その人の「私有地」だと言われると、「本当かなあ?」と思ってしまいます。私が子どもの頃、旭館(映画館)とお地蔵さんの間にあったのは「日の出食堂」だけでしたから。

 「明治末期に相生の濱本氏の尽力により造られた」という情報には興味があります。昭和59年の「相生ライフ」に、相生の地蔵研究家で「洗心会」を作られた木下充造氏の記事があります。そこには、篤信の浜本弥治右衛門さんは相生市内に5体のお地蔵さんを建立されたが、そのうち、境橋付近にあるはずの1体が行方不明だと書いてあります。今の唯然地蔵は昭和59年当時ももちろんあったのに、何故木下氏は「行方不明」と考えたのか、そこのところに興味があります。なお、現存する4体の地蔵から推測すると、浜本氏が境橋に地蔵を作った時期は(明治末期よりも)昭和3年の方がツジツマが合います。

 昭和59年の「相生ライフ」記事は次のURLをクリックすると開きます。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/myouun.htm


  

[577] ささゆり苑の石仏群  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/28(木) 15:23:24 [HOME] [返信]
I P:219.106.94.7
   「相生市内」のメニューに「ささゆり苑の石仏群」を加えました。

 3ヶ月余り前にボン松さんより、リクエストいただいていたアイテムです。

 次のURLをクリックすると該当ページが直接開きます。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/sasayurien.htm

[576] 天下台山の岩石  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/23(土) 22:42:08 [HOME] [返信]
I P:219.106.94.95
   「天下台山」のメニューに「天下台山の岩石」を加えました。夢追人さんの当掲示板へのご投稿をヒントにして作ったページです。

 時節柄、宿題の「自由研究」のネタに使えるかもしれません。

 次のURLをクリックすると該当ページが直接開きます。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/ganseki.htm

[575] ボン松さんへ  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/21(木) 12:52:24 [HOME] [返信]
I P:219.106.95.163
   リクエストいただいていたささゆり苑のお地蔵さんの写真、
今日やっと撮ってきました。近いうちに新しいページを作って公開する予定です。1ヶ月のつもりが天候不順などで3ヶ月遅れになってしまいました。

[574] オクラ  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/19(火) 19:01:15 [HOME] [返信]
I P:219.106.94.10
   「花便り(8月)」の「オクラ」のページを更新しました。
画像8枚をすべて大判(1050×770)に差し替えました。

 次のURLをクリックすると該当ページが直接開きます。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/4556/okura.htm


[573] 光明山、榊鉱山  投稿者:Bチャン  投稿日:2003/08/18(月) 01:10:21 [返信]
I P:210.227.211.156
   MTBで光明山越えと矢野町榊付近を走り、周辺の自然を楽しんできました。
 13日
  相生駅北 → 光明山越え → 二木 → 真広 → R2
 15日
  R2 → 東後明 → 瓜生羅漢の里 → 榊 → 釜出
   → 新宮町境界付近 → (引き返し)→ 二木
    → 龍野公園 → 揖保川河川敷 → R2

 光明山越えでは峠近くで転落している車を発見。白色のライトバンが仰向けになり4〜5m下の木に引っ掛かっていました。下に降りて車の中と周辺を見ましたが人はいませんでした。事故か廃棄されたものか分かりませんが、警察に連絡すると数日前に通報を受けて引き上げの準備中との事でした。
 この道路については車両の通行制限は無い、と説明を受けましたが一般の四輪車は制限して欲しいですね。

 15日の主な目的は榊鉱山跡を探す事でしたが、北へ行く道の途中にフェンスの仕切があり、先に進むことができませんでした。
そこで近くのお寺で鉱山の事を聞くと、仕切の先に旧鉱山の洞窟があるとの事です。手持ちの地図に釜出から北上して榊に通じる山道があるのを見せてこの道が通行可か尋ねたところ、草木がかなり茂っているから無理ではないか、との返事でした。

 榊のあとは釜出から近畿自然歩道を通って菖蒲谷に出て一般道路から龍野公園に行き、シカを見る予定でした。軽快にMTBを走らせていたせいでしょうか、道の表示を見落として先の住職に尋ねた洞窟に行く道を進んでしまいました。
 最初の内は道幅もあり快適だったのですが、だんだん狭くなり最後は藪の中を進むようになり始めて間違いに気付きました。
藪の中にはまり込むと自分の位置がわからなくなりますね。MTBを置いて高い位置に登ることを何度か繰り返し、送電線の位置から自分がどこにいるのかがやっと分かりました。もう少し進めば洞窟に近付けるのですが、体力を消耗し、飲水も後わずかの状態でしたので引き返すことにしました。

 次回からは地図を良く見て、途中でMTBを置き、その先は歩いて洞窟に行ってみたいと思っています。


Re: 光明山、榊鉱山 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/18(月) 22:53:01 [HOME]
I P:219.106.94.222
   相生市史第3巻で天下台山の流紋岩のことを調べていたら、
619ページに榊鉱山のことがちょっとだけ出ていました。
それによると、蛍石、方解石、石英などの脈石の中に、黄銅鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱、閃亜鉛鉱が含まれた鉱脈で、銅の品位が10%あったそうです。三濃山東方の播磨花崗岩体(花崗閃緑岩)中にあると書いてあるだけで、詳しい場所は分かりません。

 Bチャンが道を間違えたのは、釜出の東の端から川沿いに北へ入る道ですね?私は4〜5年前にあそこへ行きましたが、当時フェンスはありませんでした。動物除けでしょうか?
私の場合は、相生市史の「忘れゆく村々」の章に出ている「黒蔵」という集落へ行こうとしたのですが、お地蔵さんの先にある牧場跡の廃屋群のところまで原付で入って、その先を少し枝打ちしながら様子を見ましたが行けそうもないので断念しました。Bチャンはどのあたりまで行かれたのでしょうか?また榊鉱山の洞窟はまだずっと先でしょうか?

 釜出から菖蒲谷へ登る近畿自然歩道は、釜出集落の東の端で橋を渡る必要があります。道は結構急な登りですがよく整備されていて、私は強引に原付で登りました。

 ついでに周回ルートのご紹介。菖蒲谷の集落跡を通る西側道路を通って楓池まで行き、楓池の周囲の溜め池保守道を伝って西に進むと367mピークにある送電線鉄塔へ続く関電歩道に出られます。その関電歩道を下ると上述の釜出〜黒蔵ルートに出ます。それを南へ下ると釜出へ戻れます。


Re: 光明山、榊鉱山 投稿者:Bチャン  投稿日:2003/08/19(火) 22:40:09
I P:210.227.211.182
   フェンスの仕切は榊から北東に向かっている道路に道を横切って設置され、そこから先には一般の人が進めないようになっています。位置は東西に走っている高圧送電線2箇所の中間あたりです。
 この仕切は、すぐ横を南北に通っている播磨自動車道路の管理の為に設けられたのではないかと思われます。
仕切にある通行用扉には錠がかかっていますが、この地区の住民は鍵を持っており、散歩など自由に通行しているそうです。

 鉱山跡の洞窟は、この仕切から更に北に進んだ所にあるそうですが、そう簡単には見つけられないとの事です。見付けにくいと聞くと益々見つけたくなります。

 私が途中で引き返した地点は釜出から北に向かって榊に通じる山道で最も北となる付近です。この位置は山道と新宮町へ伸びている送電線が交差している所から約1km北になります。
 このあたりには石を積み重ねた切り立った箇所が幾つか見られます。とんび岩さんが書かれている黒蔵という地域はこのあたりでしょうか。黒蔵について書かれている相生市史第四巻は残念ながら持っていません。(先日、相生図書館でこの第四巻から光明山城の内容があるページをコピーしたところです)

 同三巻P685には「釜出川の最上流部に位置した黒蔵・・・・」と記載されていますが、相生市水系図(同六巻付図12)では横を流れる川を「黒蔵川」と表示しています。釜出川は黒蔵川の支流なのでしょうか。名称が逆のように思います。

 相生市航空写真地図[北部](同六巻付図7)を見ると、31年前の写真ですがこの付近に田畑があるようですので、ここが黒蔵ではないかな、と思っています。


Re: 光明山、榊鉱山 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/20(水) 12:13:45 [HOME]
I P:219.106.94.198
   フェンスは榊(西)側でしたか。あちらから黒蔵へ入ったことはありません。播磨自動車道はすでに開通しており、工事は終わっているはずですが?。

 相生市史第4巻には黒蔵のことがかなり詳しく載っています。それによると、釜出(東)側から入った道にあるお地蔵さんのところが黒蔵の入口で、畜舎などの廃屋群があるあたりが中黒蔵、Bチャンが引き返した地点が北黒蔵のようです。私は中黒蔵と北黒蔵の中間ぐらいまで入っています。

 その中黒蔵と北黒蔵の中間あたりから、西側の榊ルートへの続く「新道」が分岐しており、その途中に南黒蔵があったようです。視界が効かないと南黒沢を北黒蔵と誤認する可能性があると思います。

 黒蔵の北側にある483.2mのピークには自衛隊の大きな電波施設があり、立派な道が通じています。ここから黒蔵へ下るのも一案かと考えています。電波施設の東の端に踏み分け道の入口があります。どこへ続いているかは分かりません。なおこの施設は、登る途中に監視カメラがあり、隊員が常時駐在していた(4〜5年前)ので、かなり重要な施設だろうと思います。一般道からの入口に柵があって四輪は乗り付けられませんが、単車やMTBなら施設の前まで行けます。

 黒蔵に入るのは、草葉が枯れる2〜4月頃が適していると思います。ただし狩猟期間は要注意ですが。


Re: 光明山、榊鉱山 投稿者:Bチャン  投稿日:2003/08/20(水) 23:15:09
I P:61.112.175.216
   色々教えていただきありがとうございます。
電波施設も興味ありますね。見ることによりヒョットしたら商売に結びつくアイデアが出てくるのではと思っており、是非ともたずねてみたいと思っています。

 県道相生山崎線の歩道をMTBで走ってみて、走りやすい道だな、と思いました。立派な歩道ですね。よく分かりませんが、これは道路法により施工内容が定められている事によるものでしょうか。出来る事なら国道250号線も全て歩道が欲しいと思いますが、思っているのは私一人だけでしょうか。


[572] 天下台山の三角点と標高  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/13(水) 11:56:51 [HOME] [返信]
I P:219.106.94.184
   「天下台山」のメニューに、「天下台山の三角点と標高」と題したアイテムを新設しました。

 夢追人さんの書き込みをヒントに、推測を交えて作りました。
私の勘違いもあろうかと思います。
関連情報をお持ちの方は、是非ご連絡ください。


Re: 天下台山の三角点と標高 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/13(水) 11:58:20 [HOME]
I P:219.106.94.184
  追伸
 次のURLをクリックすると該当ページが直接開きます。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/sankakuten.htm


 
[570] どんどん川恋しno2  投稿者:堀井咲千子  投稿日:2003/08/07(木) 12:02:23 [返信]
I P:219.20.166.72
  どんどん川は言われている処から一寸下流になる、現在お稲荷さんの祠のある辺りでしょうか。護岸工事がなされて見る影も無いようですが。当時は大きな石が組まれて、滝が流れていました。(どんどんと音が立つ程水量がありました)そこに水のたまりがあり、那波野とくに茶屋の子供達はそこが泳ぎ場所でした。周囲はまだ何もなく、草原のようでした。養老院が出来、造船所の社宅が建ったりでだんだん変っていったのです。岩ぃ谷は危ないので行ってはいけないと固く言われていました。が行って大きな人達が岩の上から飛び込むのを羨望の眼差しで見たこともあります。中学になってからは自転車で鰯浜へいったり、揖保川へ行ったりしました。プールの無い時代だったのです。 * 大きな石を敷き詰めた斜面(ここでも泳いだことがあります)は安全面からなのでしょうが、風情が無くなりましたね。子供心にもつるつるした平面のいい石だったのに、と残念に思います。石の上で寝っころがったこともあったのに。セメントの上に元の石を敷き詰められなかったものでしょうか。詮無い事ですが。


Re: どんどん川恋しno2 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/08(金) 08:28:38 [HOME]
I P:219.106.95.200
  私は古池の生まれで、「どんどん川」の名前は聞いたことがありますが、どのあたりのことをいうのか知りませんでした。ありがとうございます。

 私が幼い頃、古池の年長の男の子たちは公園地(芭蕉塚)に服を脱いで長池で泳いでいました。何人かの子どもが水死したため、双小に入学した昭和29年(1954年)頃に長池は遊泳禁止になりました。現在長池の南(古池側)の端にあるお地蔵さんは、そのころ作られたものです。

 私も自転車で揖保川へ泳ぎに通いました。地元(正條)の子どもたちが橋の少し下流の石垣のあたりに集まって泳いでいたので、それを避けて、上流側へ行きました。
正條〜相生間の新国道(国道2号)は出来ていましたが舗装されておらず砂利道でした。自転車では旧国道の方が快適でしたが何故か新国道もよく走りました。

 敗戦の混乱の名残のように、あのころ揖保川東岸の橋げたの下にはバラックがあって、人が住んでいました。

 海の方では、鰯浜を行き過ぎて、柏や尼谷で遊びました。柏は仮小屋がある程度で、人は住んでいませんでした。

[569] 夏のどんどん川恋し  投稿者:堀井咲千子  投稿日:2003/08/04(月) 21:57:00 [返信]
I P:219.20.166.72
  8月に入って急に暑くなってきましたね。こんなに陽射しが強いとめまいを覚えつつも、子供の頃の身の軽さを思います。8月7日は七夕さまで、墨を磨る露を受けに、朝起き抜けに畑のこいもの葉へ走ったものです。お盆にはお宮さんで盆踊り、ヨイトサノ、マカショ、ドッコイセ、と囃す播州音頭が耳に甦ります。それにしても炎天下、田の草取りに稲の一筋、一筋を除草機を押して来た祖父母の姿を想い、すまなさで心がいっぱいになります。お盆にはお墓参りに帰ります。


Re: 夏のどんどん川恋し 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/05(火) 11:40:20 [HOME]
I P:219.106.95.154
   田の草取りのことは、今も父(87歳)との昔話によく出ます。私も小学校高学年ごろから「除草機」を押していました。我が家では「じゃんぐるま」と呼んでいました。父が保存していたものが1台だけ残っています。そのうちにデジカメで撮って「私的博物館」のページに展示したいなあと思っています。

 「どんどん川」というのは、今の岩屋谷公園入口から駐車場のあたりでしたか? あの場所なら、ちょっと覗く程度ですが、遊んだ記憶があります。大きな石が敷き詰められた斜面を下ると、きれいな水がたまっていたように思います。

[568] 夏の天下台山  投稿者:夢追人  投稿日:2003/08/02(土) 15:44:26 [返信]
I P:220.105.64.219
   逆帯磁の岩石といい流紋岩溶岩と言っても、私達素人にはわかりません。
 一般にレッドデータブックに記載されているランクA(またはB)に指定されているものの詳細なデータ等は秘されています。
 天下台山の場合、山頂部一帯の岩石を指しているのではと想像します。その中でも顕著なるものとして水戸大神の上の大岩が目につきます。


Re: 夏の天下台山 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/03(日) 22:48:05 [HOME]
I P:219.106.95.220
   またひとつ、夢追人さんにアイデアをいただいたという感じです。
流紋岩溶岩流理の露頭を、天下台山の見どころ(名所)のひとつとして、紹介するページを作ればいいなあと思い立ちました。

 時間が無いので、直ぐには手をつけられませんし、地質学には疎くて自信もありませんが、何とかなるでしょう。橋元さんに原稿を添削してもらえないかな?

[567] 夏の天下台山  投稿者:夢追人  投稿日:2003/07/31(木) 18:48:32 [返信]
I P:218.224.57.151
   7月30日、展望がよさそうなので〈夕方より)東部墓園側より登ってきました。
 ここんところ7〜8月にかけて登ったことがなかった。
 山頂では、セミの声。ニイニイゼミにアブラゼミ、ヒグラシも鳴いていた。
 明石海峡大橋は、寸時だがバッチリ。大鳴門橋はかすかに。小豆島の観音様も、さらに直島の(煙突〉、鉄塔と玉野市日比港の煙突との間に瀬戸大橋あたりが白く反射しているのが見えていた。
 瀬戸大橋が見えるとしたら、この位置しかない。
 改訂版兵庫県レッドデータブックが刊行されている。
 天下台山は地質〈岩石,火成構造)部門でランクBに位置づけられている。
 指定対象は、天下台山層群の流紋岩溶岩,流理。
 そういえば、逆帯磁の岩石のことが〈新聞)に掲載されていたやに記憶している。
 「70万年前、磁石は南を指していた」。
 天下台山には、それを証明する岩石がある?
 今では、あちこち珍しくもないそうとか。


Re: 夏の天下台山 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/08/01(金) 23:06:05 [HOME]
I P:219.106.94.240
   今日8月1日の午後、久しぶりに天下台山を頂上まで登りました。
カンカン照りでしたが、頂上では風があり、涼しく感じました。
登った目的は、三角点の写真を撮ることです。以前、夢追人さんにアイデアをいただいていた件のページを作る準備です。
遠くの眺望は、モヤが出ていてあまりよくありませんでした。

 久しぶりに登ったら、頂上手前の無線施設があったところに妙な休憩所のようなものができていましたが、あれはいつ頃からあるのですか? 西日をまともに受ける方向なので、日よけにはなりませんね。雨宿り用のつもりでしょうか?

 兵庫県レッドデータブックのHPは次のURLをクリックすると開きます。夢追人さんは本を入手されたのですか?
http://www.pref.hyogo.jp/JPN/apr/hyogoshizen/reddata/index.htm

 天下台山流紋岩溶岩流理の指定対象場所はどのあたりなのでしょう? 本に書いてありますか?
「頂上の岩石」の橋元さんの登頂記には、水戸大神の裏手、頂上側から北尾根ルートに入ってすぐのところの露頭が見事であると書いてあります。

< 前のページ 次のページ >
  vtB[  PR:HP  h  AoCg YQ  X|g}bL  zC[   ^C PRC`  Q[ wZ  oCNp[c   i  uXbg  w  y wZ   ^COK