とんび岩の掲示板
画面の下方に、これまでの書き込みがあります。
無料C言語BBS | HOME | 記事削除 | 管理用 | 女性に優しい♪出会い | 掲示板を気に入ったらクリック!
【PCオペレータ・オープン系プログラマ急募!】ナスカ広告パートナーで広告収入を!

お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
( タグの使用不可 )
文字色 他の色 #色参照
関連URL
削除用パスワード (半角英数字で4-6文字以内)
印は、必須項目です。
[初期費用キャンペーン中!100MBで250円!パルフェネット。 ] [「イースター」は、女の子向け100M無料HP!]
[◆◆◆ お金もない!時間もない!紹介者もだせない! ◆◆◆ ] [お買上げ3個で1個プレゼント!花粉症に、生きて腸に届く乳酸菌・ナリネ菌 ]
[自分だけの名刺ってステキかも! d('´)【制作費0円!送料のみ1200円】 ] [脱!登録貧乏!儲かる裏ワザ無料で伝授! ]

[ 41 - 60 件を表示 ]
< 前のページ 次のページ >
[669] 元旦  投稿者:TAK.ECHO  投稿日:2004/01/01(木) 10:05:59 [HOME] [返信]
I P:218.228.181.30
新年明けましておめでとうございます
今年も無線仲間と初日の出で新しい年を迎えました。

私は年賀状を止めて新年特集ページを見てもらうことにしております。
こちらをヨロシク
http://homepage2.nifty.com/Parasite/2004/sinnen.htm



Re: 元旦 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2004/01/02(金) 11:06:39 [HOME]
I P:219.106.94.128
 今年もよろしくご指導のほど、お願いします。

 きのうは、届いた年賀状の返信に追われていました。
私もTAKさんのように止めたいのですが、高齢の親戚筋などは、なかなか思うようにはいきません。
今回は年末に、思いがけず取り込んで、まったく書けませんでした。元旦登山も省略です。

[668] よいお年を  投稿者:hanamaru  投稿日:2003/12/31(水) 21:09:26 [HOME] [返信]
I P:219.97.224.55
ご無沙汰をしております。
今年の「花便り」の締めくくりは万両でしたか。
万両といい、千両といい、縁起が良いといわれるのは名前からきているのですかね。
 写真を見ると、実の紅色の鮮やかさは、見ようによっては金がたわわに実っているようで、見た目にも縁起がいい。金のない人間には、一層そう見えるのかも。

何はともあれ、来年もよろしくお願いします。


Re: よいお年を 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2004/01/02(金) 10:50:35 [HOME]
I P:219.106.94.128
 年末は取り込んでいて、レスが遅くなりました。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

 千両、万両は、「縁起」というよりも、「商売繁盛」的なニュアンスで、飾られるのだろうと思っています。
 某書物によると、カラタチバナ(唐橘)を「百両」と呼んだのが一連の名前の最初だそうです。江戸時代にカラタチバナが珍重された時期があり、百両で取引された例もあったので、その法外な値段が名前として定着しました。千両、万両、十両(ヤブコウジ)、一両(アリドオシ)は、カラタチバナからの連想で、同じように赤い実をつける植物に、後年付けられた名前のようです。カラタチバナだけは、本物を見たことがありません。

[667] 西播丘陵県立自然公園の疑問点  投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/28(日) 11:49:23 [返信]
I P:219.163.76.221
 兵庫県立自然公園条例 第4章 保護及び利用
 (特別地域)

 4 特別地域内において、次に掲げる行為をしようとする者は、
  知事の許可を受けなければならない。

  (1)工作物を新築し、改築し、又は増築すること。

    三濃山の頂上に、アカガシの老木を守るために設置してい
   る給水装置は、知事の許可を得ているのだろうか。

  (2)木竹を伐採すること。

    三濃山頂下の求福教寺廻りのアカガシの大木が伐採された
   件は、当事者に注意し始末書を取ったと聞いている。

  (10)道路、広場、田、畑、牧場及び宅地以外の地域のうち
   知事が指定する区域内において車馬若しくは動力船を使用    し、又は航空機を着陸させること。
             
   三濃山系で盛んに行われているモータバイクトライアルの   規制を実施するにあたり、受益者の相生市等は、なぜ県に協力  しない(出来ない)のだろうか。
   


Re: 西播丘陵県立自然公園の疑問点 投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/28(日) 11:59:56
I P:219.163.76.221
 この地域は、テクノの裏にあたり開発の余波は避けられない運命にある。
 「土地の形状を変更すること」が
 知事の権限でどこまで抑制出来るものなのか。
 私たち自然を愛する者たちは、注意深く見守っていく必要がある。


Re: 西播丘陵県立自然公園の疑問点 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/29(月) 10:40:31 [HOME]
I P:219.106.94.163
 三濃山系のモータバイクトライアルを、県は規制しようとしているが、相生市等がそれに協力しない(出来ない)という事実があるのですか! 私も初耳ですが、そういう動きを、相生市は単に知らないか、手が回らないのではないですか?

 知事の許可を得ているかどうかは、当事者ではないので分かりませんが、作った人は、「自然を保護するために良いことをしているのだから、とがめられるはずはない」ぐらいに考えているのではないでしょうか?

 「自然保護」の概念は人とか立場によってかなり違うと思います。たとえば兵庫県(知事)の名において推進されてきた「全県全土公園化計画」は、私の感覚では「自然保護」に反するものです。自然をありのままに残すのではなく、「人工の」公園に変える計画です。


Re: 西播丘陵県立自然公園の疑問点 投稿者:マッシュ  投稿日:2003/12/29(月) 13:13:28
I P:219.166.6.226
 出先で色んな公園をみます。しかし、花壇を美しく管理されているところと、花壇だったんだろうと思われる雑草がはびこったコンクリートの残骸を見るたび首を傾げています。
 登山道にしても、わざわざ登り難い階段をつけたりしてます。私は、そのままの落ち葉の感触や土のクッションの道のほうが身体に優しいと思います。
 整備の名の元に、生態系がゆがんでいくのではと思う事があります。

[666] 感謝しています。  投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/24(水) 20:09:49 [返信]
I P:61.126.143.223
 天下台山の遊歩道等が、いつも綺麗に整備されている。
 わかっただけでも、古池のOさん、川原町のMさん、水戸大神の関係者(Mさん)、熊本からテクノへこられているハヤサカさん、
 天下台山を愛する会の安富町の方など。
 数え上げればきりがありません。

 来年もよろしくお願いいたします。


Re: 感謝しています。 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/25(木) 13:02:56 [HOME]
I P:219.106.94.109
 「天下台山を愛する会」が安富町の方だとは驚きです。
安富町の近くには高くて有名な山がたくさんあるのに、何故、天下台山なのでしょう?勤務先とか実家とか、何か相生市の縁のある方々かな?

 川原町のMさんというのは、一度だけ西尾根の踏み分け道部分でお目にかかったあの人ではないか?と想像します。違うかも知れません。

 確かに、公設の遊歩道(ハイキングコース)を整備されている人はたくさんおられます。自然には生えていない植物を植えるなど、私の趣味では「やり過ぎ」と感じることもままあります。
 しかし、いわゆる「踏み分け道」の部分は、多くの人が整備に携わっているとは思われません。馬場坂の西半分は昨年あたりから整備が進み、ずいぶん良くなりましたが、私が「北尾根近道」と呼んでいるルートは消えかかっています。

 夢追人さんは相生にお住まいのはず。 今年の「登り納め」にはまだ早いのではないですか?

 そういえば、西宮のBチャン(那波野出身)には、昨年の今頃でしたか、馬場坂の整備をお願いしました。しばらくご無沙汰ですが、お元気でしょうか?

[665] 今年最後の山歩き  投稿者:はやさか  投稿日:2003/12/23(火) 19:43:38 [返信]
I P:61.120.172.102
はやさかです。
今日は、東部墓園から登り西尾根に下りました。

山頂では、いつものMさんと会いました。
今日のMさんは山頂でゴミひらいをしていました。
山頂でコーヒーを飲んだ後、Mさんと西尾根に下りました。
途中遊歩道から西尾根に分岐する道があまりにきれいに整備されている為、
間違えて西尾根に入りこむ人が、いないとも限らないので、
遊歩道の方向に矢印で案内する表示板を建てました。

西尾根途中の行き止まりの鉄塔への分岐点には、
以前、上り口から少し入った所に有ったこの先行き止まりの
表示板が立てられていました。
私が以前立てた表示板は使命を終了したと判断し撤去しました。

今週末は、冬休みで故郷の九州に帰りますので、今年最後の天下台山でした。
来年もよろしくお願いします。




Re: 今年最後の山歩き 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/24(水) 08:28:12 [HOME]
I P:219.106.95.105
えっ、はやさかさん、九州のご出身でしたか!
てっきり地元の人だと思っていました。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

 「上り口から少し入った所に有ったこの先行き止まりの表示板」というのは、以前この掲示板でご質問いただいたアレですね? 誰かが動かしたということになりますが、私ではありません。この前現場確認に行ったとき、一瞬「動かそうか」と思いましたが、もともとあの場所に立てられたもののようなので止めました。

[664] 雪の天下台山  投稿者:はやさか  投稿日:2003/12/21(日) 20:21:00 [返信]
I P:61.120.172.102
はやさかです。
20日の朝目が覚めたら外は雪でまっしろびっくりしました。
早速20日と21日続けて雪の天下台山に登って来ました。

20日は、新雪を踏みしめながら東部墓園から遊歩道を登りました。
足跡の少ない新雪を踏みしめて歩くのは気持ちが良かったです。
一部雪に隠れた石につまづきそうになったりしました。
雪は深い所で10センチ位でした。

21日も、同じコースで登りましたが、今度は雪が踏み固められて、
少し滑りやすくなっていました。
山頂では、天下台山で良く合う Mさんとこの掲示板で良く見かける方(間違っているといけませんので名前は伏せておきます)
と合いました。
今日は、大山を写真に撮る為に登って来たそうです。
あいにく、おもったより遠望が利かず、残念そうでした。

Mさんは、最近遊歩道から西尾根道に抜けるやぶ道を払ったので歩きやすくなったよと、おっしゃっていました。
又、山頂広場に新しい赤テープがついていました。
ここから20メートル程歩くと見晴らしの良い岩の上に出ます。
ここもMさんが道の枝や草を払って歩きやすくしたそうです。
岩場の先は切り立った崖になっていますので、
歩かれる方は、気をつけて下さい。

雪は、日陰を除いてお昼過ぎには溶けてしまいました。





Re: 雪の天下台山 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/23(火) 09:52:42 [HOME]
I P:219.106.94.187
 雪のレポートありがとうございます。
相変わらず日々の生活に追われていて、雪の天下台山も車の窓越しに見上げただけでした。
庭木についた雪を見て、こんな日に山へ行ったら、天下台山とは思えないような写真が撮れるだろうなあと思っていました。雪の日にとんび岩に立てば、たぶん、谷から吹き上げてくる風で、下から降る雪を体験できるでしょう。

 頂上付近の見晴らしの良い岩というと、頂上の西側の岩のことでしょうか? そこなら、写真を撮るために何度か立ったことがあります。

 自分がなかなか山へ入れず、踏み分け道が荒れるのを心配していましたが、Mさんのような方がおられると伺って、安心しました。整備の「やり過ぎ」は好きではないですが、今のルートが消えない程度には手を入れたいと思っています。

[663] マンリョウ(万両)  投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/21(日) 11:38:28 [HOME] [返信]
I P:219.106.95.116
 「花便り」の12月メニューに「マンリョウ(万両)」を加えました。

 次のURLをクリックすると該当(新設)ページが直接開きます。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/manryou.htm

[661] 我が家の裏山から天下台山を特定  投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/18(木) 18:32:10 [返信]
I P:218.229.21.238
先日我が家の裏山に(通称片山or東山、ほぼ真南に男鹿島を、西に揖保川を挟んで鶏籠山を望む標高227m、頂上には土日に無線仲間の車がたむろし、南中腹にハンググライダ‐の飛立つわずかなスロープを持ち、頂上にはTVアンテナ塔も有する金輪山です)地図と双眼鏡(4000円を奮発)持参で登り、天下台山を探るべく南西方向をながめていると、少し右肩下がりの台形中央部に反射板を確認、そのすぐ右に中央部に鉄塔の建つ左右対称の美しい少ピーク、その右方に少しなだらかな尾根、さらにそのさきに同じように右肩下がりの少しつぶれた台形のピーク、その肩の部分に発電所の一番上の閃光を認め、これぞ相生の誇るの天下台山と認識致しました。(双眼鏡がなくても見えましたが)
ところがびっくり仰天、我が家まで下りても天下台山が見えているではありませんか。なんたる認識不足、あきれてしまいました。
今日は逆に天下台山から片山を望み、お寺の屋根、特徴ある住宅などが確認できました。残念ながら我が家は特定できませんでした。



Re: 我が家の裏山から天下台山を特定 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/18(木) 19:57:21 [HOME]
I P:219.106.95.61
 当サイトでは1枚だけですが、天下台山頂上から龍野方向を見た写真を載せています。もちろん「片山」はハッキリ写っています。ということは、逆に片山から天下台山頂上も見えるということです。下のURLをクリックするとその写真が直接開きます。明神山の鋭鋒が特に目立つので、そのうちに明神山から見た天下台山も写しておきたいと思いながら、未だ実行できていません。

http://tonbiiwa.hp.infoseek.co.jp/linked/tengadai0473.jpg


Re: 我が家の裏山から天下台山を特定 投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/19(金) 19:11:16
I P:61.121.87.11
上手く撮れていますね。小明神も見えていますか。
明神山は11月中旬に一度行き、コースを変えて2度登りました。当時は山の展望にうとく、的場山の特定も出来ませんでした。

[660] 龍野 K−M さんへ  投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/17(水) 14:43:54 [返信]
I P:219.162.234.123
 歩くのがたいそうお好きなようですね。

 近畿自然歩道の西播コース中の、
 相生市矢野町瓜生(または釜出)から龍野公園まで歩くのも、
結構面白いですぞ。
 
 また、
 天下台山から西に見える馬の鞍の形をした黒鉄山とか百間岳。
 相生市若狭野町域にある荒山とか宝台山にも登ってみて下さい。
 
 そして、御津山脈完走も期待しています。


Re: 楽しみです 投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/17(水) 18:43:52
I P:219.116.104.156
ご案内有難うございます。これから順次歩いてみたいと思います。
平日は近辺を、土・日の内一日を遠出(今のところ県内ですが)しています。
羅漢の里研修センター右の谷を鉄塔まで今日早速登ってきました。
一度釜出から菖蒲谷を目指しましたが、1.3km当りでダンプが走り回っている車道にに出て、踏み分け道も不案内で引き返してしまいました。


Re: 龍野 K−M さんへ 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/18(木) 11:02:21 [HOME]
I P:219.106.94.180
 近畿自然歩道はその昔「赤松一族」が城と城を結ぶ「間道」に使っていた部分が多いようですね。それを軸に、2万5千分の1地形図で送電線鉄塔の位置を見れば、それらを保守するための「関電歩道」の位置が(地図には出ていないですが)およそ推測できます。また車池や源重郎池のように、山の上に作られた溜め池には必ず土地の人が池を保守するための道を維持しています。私はこれらの道をつなぎ合わせて、自分なりの山歩きルートを設定しています。

[659] 天下台山 8ルート制覇  投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/16(火) 18:44:23 [返信]
I P:61.210.183.20
ご紹介の下記の8ルートを、登り下りば別にしてとりあえず制覇?しました。
北尾根を登り西尾根を下りる(またはその逆)ルートが私は好きです。駐車場所に困りますけれど。
今まではただ登るだけでしたが、今後はもっと観察を加えていきたいと思います。
・岩屋谷公園R(登り、下り)、・那波野墓地R(登り)、・東部墓園R(登り)、・ささゆり苑R(下り)、水子地蔵R(下り)、西尾根R(下り)、古池水源地R(登り、とんび岩まで)、馬場墓地R(下り)



Re: 天下台山 8ルート制覇 投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/16(火) 19:36:33
I P:61.207.230.27
 ごくろうさまです。
 
 コースについては、一部重複もありますが、あといくらかあるようです。
 次回に歩かれるときには、目印等にも目を向けて。


Re: 天下台山 8ルート制覇 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/17(水) 11:55:57 [HOME]
I P:219.106.94.153
 龍野 K・M さんのおかげで、各ルートの最近の状況が分かりました。忙しくて自分で行けないので気になっていました。ありがとうございました。一度歩くと先の予測が立つので2度目からは余裕を持って行程を楽しめると思います。踏み分け道では人が歩くだけで道がしっかりしてくるのですが、できれば厚鎌など持参いただいて、後から来る人のためにイバラなどを払いながら進んでいただけるとありがたいですね。そうしていると自ずと季節の花などが目に留まると思います。

 この次は「御津山脈」や「室津街道」はいかがでしょうか?

[658] 相生港便り  投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/16(火) 11:28:30 [返信]
I P:61.207.233.208
 また、相生港にも客船、フェリー等が定検等で入ってくる時期になりました。
 
 ぱしふぃっくびいなす(客船)26,518トン
  1月14日入港の予定。
  おそらく、第3ドックに入渠するのでは。
  1月25日神戸に向け出港する予定です。

  姉妹船のおりえんとびいなすとニューしらゆり(フェリー)は 係留中です。
  「セピア色の港町」のトップページに写っている。
  左側がおりえんとびいなす(客船)21,884トンです。

  因みに、日本のクルーズ船としては、
「飛鳥」28,856トン、   にっぽん丸」21,903トン、
  「ふじ丸」23,235トン があります。

  あかしあ 新日本海フェリー
   12月30日 入港予定とか、
  続いて、らいらっく、すずらん、すいせん と入港してくる予定だそうです。

  たまには、連絡船(壺根,鰯浜行き)に乗って、
 海を眺め、金ヶ崎遊歩道等を歩いてみるのも一興です。


Re: 相生港便り 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/16(火) 13:14:09 [HOME]
I P:219.106.95.127
 海上や、壺根から見る天下台山も、なかなかいいものです。

http://tonbiiwa.hp.infoseek.co.jp/linked/tengadai0254.jpg


Re: 相生港便り 投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/16(火) 19:44:02
I P:61.207.230.27
 16日、ニューしらゆりは、3Dに入渠していた。
 SNFの配船リストでは、1月26日より舞鶴〜小樽航路に復帰?

[657] お騒がせしました、西尾根コース  投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/15(月) 19:19:58 [返信]
I P:219.116.103.209
今日は相生市に入ると濃い霧が立ち込めていました。天下台山は雲海が(と言っていいのかな、帰って妻に話すと、それは雲海と違う、霧だと主張していますが)とてもきれいでした。いつもに比べ人も多かったような気がします。的場山の常連にもたまたま出会い、天下台の常連らしき人となどと話しこみました。
その後課題の西尾根コースを下りました。途中分岐で一端、馬場〜水子地蔵道へも下りてみましたが(ここは意外に急坂でした)、どちらも分り易い道でした。
登山口に下りてやっと疑問が判明(途中でそんな予感もちょっとしていたのですが)、なんと私は、前回は登山口の左手奥の「火の用心」の看板が目に入りそちらを登っており、右手前の看板も石段も見逃していたのでした。



Re: お騒がせしました、西尾根コース 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/16(火) 13:11:05 [HOME]
I P:219.106.95.127
 西尾根登山口の左手奥に、別の関電歩道があったのですか!
それは知りませんでした。またひとつ勉強になりました。

[656] お願い  投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/14(日) 20:40:36 [返信]
I P:61.207.235.233
 今日(14日)、羅漢の里研修センターに向かって右側の谷沿い
からのぼり、鉄塔56番辺りの路の整備をしてきました。
 感状山または三濃山から羅漢の里への下りは、これで大丈夫だと
思いますが、気がついたことなどありましたら書き込みお願いします。


Re: お願い 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/16(火) 13:15:41 [HOME]
I P:219.106.95.127
 ルート整備、ご苦労様です。
多忙で羅漢の里や感状山へは当分行けそうもなく、確認ご報告できません。あしからず。


Re: お願い 投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/17(水) 18:29:16
I P:219.116.104.156
羅漢の里研修センター右側の谷沿いに鉄塔まで登ってみました。入口が一部封鎖されており少し不安もありましたが、すぐに杖数本が立てかけられてある所が見つかりひと安心、浮石で足元が少し悪い中、幅広い道をどんどん登って行きました。要所要所に真新しい赤いロープで案内がしてあり迷わず登る事が出来ました。最後の踏み分け道も下枝が刈取られており万全でした。
帰りは尾根を立木如来へと下りました。石仏の柵の中に座してお参りされている方に出会いました。
今日の登り下りとも今まで知らない初めてのルートでしたが、鉄塔から西へ下りるルートとか、光専寺から感状山へ登るルートとかいろいろあるようでですが、天下台山のように詳しい登山用案内図はないのでしょうか。


[655] 天下台山、西尾根  投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/13(土) 19:24:32 [返信]
I P:219.162.230.93
 今日、午後より歩いてきました。
 公道から鉄塔34番まで、歩行に支障なし。
 鉄塔34番から33番まで、歩行に支障なし。
 鉄塔33番から32番の分岐まで、
 倒木3箇所あるが歩行に支障なし。
 鉄塔32番の分岐から31番まで、
 倒木3箇所あるが歩行に支障なし。
 鉄塔31番から馬場坂分岐、歩行に支障なし。
 馬場坂分岐から公設遊歩道まで、
 ウラジロと笹などが繁茂、踏み跡は残っている。

 鉄塔32番の分岐部には、ガイドあり。
  鉄塔行き止まり。
  西尾根下山口右折。
  天下台山頂。   など
 
 山頂で出会った人、5組(6人)であった。

 山頂からの展望
 明石海峡大橋 見えず。
 大鳴門橋 かすかに。
 瀬戸大橋 見えず。

 後山から駒の尾山にかけて、初雪? をかぶり、美しかった。
 


Re: 天下台山、西尾根 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/13(土) 21:55:44 [HOME]
I P:219.106.94.254
 すぐ下の、龍野K.Mさんの書き込みをご覧になって、確認かたがた西尾根を登られたということですね?
結論としては、私の予測がほぼ当たっていたと考えていいでしょうか?

 「鉄塔32番の分岐部ガイド」は、当掲示板にときどき登場される「はやさか」さんが今年6月30日に作られたものだと思います。No.552のスレッドにその報告があります。

 なお当掲示板の過去ログはすべて保存されています。次のURLをクリックするとそのリストが開きます。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/loglist.htm


Re: 天下台山、西尾根 投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/13(土) 23:05:46
I P:219.116.104.225
馬場坂地蔵から水子地蔵に下りる時、関電道への分岐は確認できたのですが、西尾根口からの最初の鉄塔の先は、切り株などへのピンクのNO.札は数個確認できましたが、頂上へのルートは良く分りませんでした。今度もう一度行って見ようと思っています。
板馬見山(後山)頂上は20cm強の積雪でした、初めての私には先行の夫婦連れの踏み跡がなければ、登れなかったでしょう。樹氷はきれいでしたが、笹漕ぎが大変でした。夫婦連れが早々に下山されたので、さすがに単独での舟木山方面行きは諦めました。


Re: 天下台山、西尾根 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/14(日) 11:34:36 [HOME]
I P:219.106.94.195
 西尾根の件、私の推測はどうやら外れていたようですね。
龍野 K・Mさんがルートを見失ったのは登山口から最初の鉄塔(No.34)で、私が思い浮かべたのは馬場坂分岐の鉄塔(No.31)でした。No.34の鉄塔付近は関電歩道であり、特に迷うような要因は無いと思うのですが・・・。

 後山は「ちくさスキー場」のすぐ隣。
この季節ですから当然、積雪覚悟(期待?)で登られたのでしょうね。初心者とおっしゃる割には勇気(度胸?)がありますね。



Re: 天下台山、西尾根 投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/15(月) 13:17:38
I P:219.116.104.144
後山の件、無謀といったほうが良いでしょうか。中国自然歩道と記載されているし、高度は違うが台亀スカイラインの延長線上くらいに考えていましたので。
いろいろ、良い勉強になりました。

[654] ズボンがビッショリ水子地蔵  投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/12(金) 22:45:28 [返信]
I P:61.124.42.194
今日は公園コースを登り、馬場坂地蔵を拝み、雨上がりのウラジロや笹の中をズボンと靴をビッショリにして、丸太橋を数ヵ所渡り水子地蔵に下りました。馬場方向に下りるのと比べると歩きやすいコースでした。最後の丸太橋のところでノコギリを引かれている方には挨拶をするだけにしました。
西尾根コースを戻るつもりが鉄塔から先に道がなく、結局東部墓園から上りました。西尾根コースは今度下りで探してみます。
頂上で姫路からのバードウォッチャーに「とんび岩通信」の地図に基づき道案内することができました。途中までは太陽光が暖かかったですが、頂上で雨が降り出し早々に下山しました。


Re: ズボンがビッショリ水子地蔵 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/13(土) 10:48:07 [HOME]
I P:219.106.95.238
 水子地蔵〜馬場坂地蔵間は昨年あたりからどなたかが整備されているようで、ずいぶん歩きやすくなっています(深謝)。私はまだ整備をされている人にお目にかかったことがありません。

 西尾根コースの「登り」で「鉄塔から先に道がなく」というと、おそらく、関電歩道と頂上西側の公設ハイキングコースを結ぶ長さ100mほどの「踏み分け道」の部分に夏草などが茂って分かりにくかったのだろうと思います。関電歩道はあの鉄塔から南(右)に曲がり、馬場坂の谷の交差点へ下っています。問題の「踏み分け道」はそれから分かれて尾根伝いに続いているのですが、関電歩道を整備する人が、鉄塔保守要員が道を間違え無いようにと、入口(分岐点)をふさいでいるかも知れません(過去にそういうことがありました)。

 私の地図は4年前に作ったきりで、修正や追記の必要があるのですが、時間が無くてなかなか更新できません。

[653] 明石海峡大橋の展望  投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/12(金) 20:49:20 [返信]
I P:221.190.172.120
 今日から25日まで、ルミナリエに合わせて特別点灯となります。
 ここ相生市の金ヶ崎より、今夜はよく見えました。
 


Re: 明石海峡大橋の展望 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/13(土) 10:30:02 [HOME]
I P:219.106.95.238
 そうですか。パールラインがルミナリエに合わせて特別点灯されているとは知りませんでした。

 案外知られていない情報かも知れません。たとえば「あいおい荘」の従業員はご存じなのかな?天下台山でももちろん見えるでしょうが、金ヶ崎は車で簡単に行けるのでいいですね。神戸新聞あたりが紹介すれば、ちょっとした賑わいになるのではないでしょうか?

 点灯時間もルミナリエに合わせてあるのかな?


Re: 明石海峡大橋の展望(補足) 投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/13(土) 12:03:29
I P:221.190.170.147
 点灯時間は、日没から24時まで。
 毎正時と毎30分は通常(虹と宝石パターン)通り。

 一応、遠望ですので、気象条件によりよく見える日と見えない日がありますので、念のため。

 明石海峡大橋のライトアップは、季節毎にいろいろと変わっています。

 

[652] ささゆり苑のお地蔵さん  投稿者:ボン松  投稿日:2003/12/11(木) 18:31:44 [返信]
I P:221.184.190.60
とんび岩さん、ご無沙汰です。久しぶりに拝見したところ、
ささゆり苑のリストラ?六地蔵様の写真UPに感謝
いたします! ここで私なりの推測を・・・
昭和10年建立の比較的新しい如来さんは裏に刻まれた
世話人の方々のお名前から推測すると、どうやら那波三昧場
に居られた如来像と考えます。以前図書館で見た写真集中
に昭和初期の那波三昧場の様子の写真が掲載されていま
した。その中に大きなお地蔵さんが建っていました。
一方、幼い頃に旧旭小の運動場(現在住宅地)宅地造成工
事現場にて古い墓地や三昧に設けられた引導場の棺台と思
しき蓮の華をした石の大きな丸い台が無造作にも転がって
いました。多分運動場を掘り起こした際に地中から出土
したものと思われます。その他瓦なども沢山出土しており、
何層かに連なってその上から運動場の土を盛っている状況
だったのを記憶しております。(パワーショベルで掘った
穴に入ってみたところ)校内周囲・裏山には六地蔵らしき
ものは見当たりませんでしたので恐らくささゆり苑の
お地蔵さん達の中の一組6体は旧旭(昔風には藪谷?)の
三昧に建立されたもので無いか?と推測します。
ちなみにその裏山の竹薮には今でも納骨塔だけが存在する
筈です。(昭和56年当時確認しました)周囲には赤レンガが
多数散らばってました。(炉を解体した残骸?)

長々と奇妙な話題で申し訳ないです!!




Re: ささゆり苑のお地蔵さん 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/12(金) 18:51:28 [HOME]
I P:219.106.95.200
ボン松さん、お久しぶりです。

 やっぱりあの如来さんは那波三昧場のご出身でしたか。私もそんな気がしていましたが、那波のあたりは不案内で、自信がありませんでした。
 相生の写真集というと「アレしかない」と、平井漠先生編集の写真集を確認してみたら、おっしゃるとおり、昭和初期の那波三昧場の写真がありました。如来像は右の端に小さく写っています。像全体の姿はささゆり苑のものとよく似ており、かなり大きいことは分かりますが、表情までは確認できません。昭和10年というと68年前。世話役の人達が当時52歳だとして、もし生きておられたら120歳。ボン松さんはどなたかご存じの人がおられましたか?

 あの仏さんたちの前に、少しですがお賽銭があがっていました。葬儀の合間にお参りする人があるようです。それを見て、何かホッとしました。

 関連情報ですが、野瀬の三昧は海岸にありましたが、そこの六地蔵は、尻見坂(女郎街道)に移されて1体づつばらばらに祀られて道しるべになっているそうです


Re: ささゆり苑のお地蔵さん 投稿者:ボン松  投稿日:2003/12/12(金) 20:58:08
I P:220.105.170.12
どうもです。その世話人の方々には知り合いや知人は居ま
せんが、何人かはいかにも那波です〜って言わんばかりの
お名前ですね。(現在も地元の商店のお名前なので)
私は、何か怖くてあのお地蔵さんエリアに長居しませんで
した。しかしそこに居たのは短い時間でしたが、一体この
お地蔵さん達は、現役時代に何人いや何百何千・・・もの
最後の別れ、そして荼毘を見てて来たのだろう・・・・と
想い、その歴史的なものを感じました。

一方『野瀬の三昧』とは、海岸のどの辺りなんでしょうか?



Re: ささゆり苑のお地蔵さん 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/13(土) 10:22:03 [HOME]
I P:219.106.95.238
 『野瀬の三昧』は、国道250号の「野瀬」のバス停付近の、海側でした。名残が小公園か墓地?の形で残っていると思います。

 江戸時代、野瀬は丸亀藩領で、相生湾の海岸線はすべて赤穂藩領でした。「野瀬」バス停付近は両藩の「国ざかい」だったのです。野瀬に「漁師」がいなかったのもそのためです。

[651] 台亀スカイラインから中垣内キャンプ場へ  投稿者:龍野 K・M  投稿日:2003/12/10(水) 23:15:39 [返信]
I P:61.124.145.86
今日は紅葉谷から鶏籠山大手道を登り、両見坂を経て的場山に登る。檜皮採取後の薄赤い檜の幹が目を引くなか、昨日揖保川対岸の鶴觜山から眺めた「寝釈迦」の胸の部分当りから、逆に屏風岩とその上の岩尾根を眺め返す。
つづいて例の宿題にしておいた、台亀スカイラインから中垣内キャンプ場へのルートを探る。1km近く行った所でこれとおぼしき分岐を一端鞍部に下り、大倉山、亀山を正面に、的場山、播磨灘(天下山も見えているはずだが特定出来ず)を南に、また眼下に中垣内の集落を望むピークから尾根を行く。ここは展望の良いなかなか気持ちの良いコースである。下りきった所で中垣内川に掛かる丸太を渡るとキャンプ場から直ぐの道路に出る。言われるように中垣内側からは、この丸太橋か、火の用心の看板に注目しないと分りにくいコースである。
龍野公園まで約1時間歩く。台亀スカイラインでめずらしく単独行の若い女性と出会う。


Re: 台亀スカイラインから中垣内キャンプ場へ 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/11(木) 11:06:51 [HOME]
I P:219.106.95.190
 私は、中間点付近の岩尾根や、鉄塔のあるピークのあたりのが好きです。北東側の深い谷越しに亀山からスカイラインにかけての稜線が屏風のようにそびえていている景観は、ちょっとした「高山気分」です。

 龍野 K・Mさん、連日の山歩き、すごいですね。

[650] センブリの種  投稿者:kamii  投稿日:2003/12/08(月) 22:16:08 [返信]
I P:210.165.225.9
センブリの種採取できたのですね。
あの花からすると、芥子ケシ粒くらいの大きさ?
もっと小さいですか?
来年咲いたら、見せてくださいね。
楽しみ、楽しみ♪





Re: センブリの種 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/09(火) 19:59:36 [HOME]
I P:219.106.94.89
 芥子粒がどれぐらいだったかピンとこないのですが、センブリの種子は直径がおよそ0.3mmぐらいです。

 薬草栽培の手引き書(「家の光」の付録)によると、
春に播いても、その年の秋は苗に育つだけで花は咲かず、
花は次の年になるそうです。うまくいけば、「センブリ栽培記録」のページを作るつもりです。
実生とは別に、できれば春に苗を山で探してみたいと考えています。問題は、花の咲いていない小さな草を、「センブリ」と判別できるかどうかです。


Re: センブリの種 投稿者:kamii  投稿日:2003/12/10(水) 00:06:08
I P:210.153.229.64
0.3mm> 小さくって、育てるのが難しそう…
2年草なのですね。
ということは今でも春に芽を出したのが、山にあるってことですね。
でも見つけるのは大変、大問題ですね。
【「センブリ栽培記録」のページ】が出来上がりますように…



[649] 河鹿の森をたずねて(2)  投稿者:夢追人  投稿日:2003/12/07(日) 21:00:06 [返信]
I P:221.190.185.33
 ここでの知見は、
 林道の陽だまりにムラサキシジミに混じってムラサキツバメというチョウを2頭(1雄1雌)確認しました。
 チョウがいたなら食樹であるシリブカガシがあるのではと、
 4合目の表示板辺りで見つかりました。点々とあるようです。
 因みに、シリブカガシはレッドデータBランクです。
 9合目付近では、アカガシにコジイ(少ない)。
 何と驚いたことに、頂上にはモッコクの小群落があったことです。 何でだろう?


Re: 河鹿の森をたずねて(2) 投稿者:管理人(とんび岩)  投稿日:2003/12/08(月) 13:25:39 [HOME]
I P:219.106.95.84
 モッコクの件、No.641のスレッドで参照した新聞記事に、
「有年大池の北には鎌倉時代から室町時代の密教寺院と推定される六道山遍照院の跡や、旧街道の筑紫道などもあり」とあるので、
その昔、人の手で植えられた可能性があると思います。近くに古樹があって、鳥などがその種子を運んで生えた子孫かも知れません。

 シリブカガシは三濃山にもありますね。相生市教育委員会が作ったパンフレットによると、赤穂市の周世坂中腹部や新宮町の松尾神社よりも、三濃山の方が林域が広いそうです。

< 前のページ 次のページ >

  vtB[  PR:HP  h  AoCg YQ  X|g}bL  zC[   ^C PRC`  Q[ wZ  oCNp[c   i  uXbg  w  y wZ   ^COK